シューボックスアート展 靴箱サイズの作品にさまざまな作家の感性が広がる「シューボックスアート展」が11日、京都府福知山市中の養泉寺(一常宗玄住職)で始まった。作品の題材や材質などは自由で、日本画や洋画、彫刻、写真、陶などを手掛ける国内外の作家63人の力作が本堂に並べられている。17日までで、展示時間は午前10時から午後5時まで。鑑賞無料。



戻る