WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年9月11日のニュース

靴箱サイズの作品展 養泉寺で作家63人が力作

シューボックスアート展 靴箱サイズの作品にさまざまな作家の感性が広がる「シューボックスアート展」が11日、京都府福知山市中の養泉寺(一常宗玄住職)で始まった。作品の題材や材質などは自由で、日本画や洋画、彫刻、写真、陶などを手掛ける国内外の作家63人の力作が本堂に並べられている。17日までで、展示時間は午前10時から午後5時まで。鑑賞無料。

 京都の芸術文化の向上や発展をめざし、次世代の作家の育成などを目的に基礎造形研究所が主催。府などが後援し、京都彫刻家協会(山田実会長)有志らが協力している。

 府南部と北部を会場に開いていて今年で4回目の開催となるが、養泉寺での展示は2015年以来3年ぶり。木陰で昼寝するカエルを表現した陶の作品、石や土、苔を使った壁面の庭、布で作った本を読むクマなど、多彩なジャンルのものが並ぶ。

 また、15日から17日までは、会場でワークショップや演奏会などが企画されている。いずれも参加無料。ワークショップは申し込みが必要で、希望者は山田会長、携帯電話090・8209・9410、または養泉寺、電話(22)3887へ。催しは次の通り。

 蓄音機レコード鑑賞会=15日午後1時30分から▽琴演奏=15日午後3時から▽竹を使った作品づくりのワークショップ=16日午後1時から▽手作り楽器で津軽三味線奏者とのセッションを楽しむワークショップ=17日午後1時から

■22日からは京都市で■

 22日から10月8日にかけては、京都市上京区のギャラリー黎ビギンで開催。23、24、30日にワークショップがある。


写真=多彩なジャンルの作家の力作を楽しめる

天皇賜杯全日本大会準々決勝で惜敗 SEC軟式野球部

 京都府福知山市のSECカーボン軟式野球部(糸井基博監督)は、3回目の全国制覇をめざし天皇賜杯第73回全日本軟式野球大会に挑んだが8強で戦いを終えた。10日に山形県で準々決勝があり、延長12回の接戦の末、パイオニア(埼玉県)に2−4で敗れた。

 所属する各都道府県支部の予選大会で優勝したチームなど57チームが参加した。山形県の8会場で8日から試合があり、決勝戦は12日の予定。SECは今回で10回目の出場で、第69回、第70回の2大会で優勝している。

 1回戦から3回戦まで順調に勝ち進み、迎えた準々決勝では、SECが1回裏に1点を先制。3回裏にも1点を追加したが、6回表に2失点し追いつかれた。その後、両者譲らず延長戦に突入。12回表に2点の勝ち越しを許し敗れた。


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ