WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年9月 8日のニュース

秋の気配深まる白露 植物園で七草展示

秋の七草 8日は二十四節気の一つの「白露」。大気が冷えてきて、この時期から草木に露がつき始め、秋の気配が深まるとされる。京都府福知山市の朝の最低気温は20・2度(午前6時3分)で、涼しさを感じたが、平年と比べ0・2度高かった。

 京都地方気象台によると、府内では8日、前線や湿った空気の影響で雨が降る。9日も断続的に降り、雷を伴って激しく降るところがある。

 猪崎の三段池公園内にある市植物園(赤壁景子園長)は、玄関前に秋の七草を展示している。すでに花をつけている種類もあり、秋の風情が漂う。

 七草はハギ、キキョウ、クズ、フジバカマ、オミナエシ、オバナ(ススキ)、ナデシコ。植物園では鉢植えで並べている。

 キキョウ、オミナエシ、ナデシコは花が咲いている。今後ハギなども開花する。

 七草の横には奈良時代初期の歌人、山上憶良が詠み、万葉集にある「萩の花 尾花葛花 なでしこの花 おみなへし また藤袴 朝顔の花」など2首をパネルで紹介している。七草は9月いっぱい展示する。植物園は毎週水曜休園。


写真=鉢植えで展示している秋の七草(8日午前9時5分ごろ、市植物園)



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ