WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年9月 6日のニュース

黒大豆枝豆「紫ずきん」出荷作業始まる

紫ずきん 京のブランド産品のひとつである黒大豆枝豆「紫ずきん」の出荷に向け、京都府福知山市内の農家が作業に精を出している。秋の味覚として知られる府独自の品種で、今年は京都、大阪、東京市場などに155トンほどを出荷する計画となっている。10月下旬ごろまでは出回る予定。

 紫ずきんは、粒の表面がうっすらと紫色になることから名付けられた。一般的な枝豆と比べて粒が大きく、もちもちした食感と濃い甘みが特長。

 福知山をはじめ、綾部、亀岡、京丹後、南丹の各市、京丹波町など、府内53ヘクタールほどで栽培されている。

 福知山市田野山田の北山定己さん(76)は、栽培して10年ほどになる。自宅近くの10アールほどの畑で、極早生、早生、晩生を丁寧に育てている。

 今年は酷暑が続き、十分に雨が降らなかったため、生育は遅れ気味だというが、「これから雨の日も増えそうなので、実が太ってくれることを祈っています」と話していた。


写真=出荷に向けて作業をする北山さん

災害時に食糧など物資供給 五十鈴会と大江観光が協定

吉河理事長(左)と佐古社長 京都府福知山市大江町二俣一の特別養護老人ホーム五十鈴荘などを運営する社会福祉法人五十鈴会(吉河正人理事長)と第三セクターの大江観光(佐古明勇社長)は5日、災害時における物資供給に関する協定を締結した。水害などが起きた際、五十鈴荘などにとどまって業務に当たる職員や利用者を対象に、大江観光が食糧、寝具などを供給する。

 五十鈴会は五十鈴荘のほか、行積の高齢者生活支援施設・きららを運営。今年の7月豪雨の時に、五十鈴荘の周辺道路が冠水、陥没したり、土砂の流出入で職員の多くが出勤・退勤できず、限られた人員での業務になった。

 この時、職員たちは連泊が続き、十分な休息が取れず、非常食も十分ではなかった。五十鈴会では今後も災害時に同じような状況に陥ることを想定。緊急時の利用者の安全確保と職員が安心して働くことができる環境をつくるため、町内に宿泊施設を持つ大江観光に、協定締結への協力を要請した。

 供給する物資は米、野菜、レトルト食品、缶詰などの非常食▽寝具一式、カセットコンロ、鍋、食器などの日用品▽飲料水、ポリタンクなどの水関係▽石油ストーブ、扇風機などの冷暖房用器具。

 災害発生の恐れがある場合に、前もって五十鈴会の本部(二俣一)職員が大江観光の運営する大江山グリーンロッジ(佛性寺)へ物資を取りに行き、五十鈴荘、きららで活用する。

 協定の締結式は5日に五十鈴荘であり、吉河理事長と佐古社長が協定書を取り交わした。

 吉河理事長は「物資の供給は、利用者の方々や職員にとって心のゆとりにもなります。本日を契機に、利用者の方々に安心して過ごしてもらえる環境づくり、職員も安心して働ける職場となるよう尽力したい」と述べた。

 佐古社長は「災害時に物資を有効に活用していただきたい。今後も協力し合って地域の安心・安全や活性化に寄与したい」と話した。


写真=協定書を交わした吉河理事長(左)と佐古社長


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ