WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年9月 5日のニュース

土管からオオサンショウウオ 夜久野で保護

オオサンショウウオ 国の特別天然記念物・オオサンショウウオが、京都府福知山市夜久野町大油子の東源寺参道脇の側溝に続く土管から現れた。地元住民らが次々とやって来て、一時は人だかりとなった。初めて見る人もいて「珍しい」と写真撮影していた。

 発見されたオオサンショウウオは体長約50センチ。近くの農業、足立修さん(74)が1日午後3時30分ごろ、泥が詰まった直径約30センチの土管を木の棒で突いて掃除をしていて見つけた。

 「水が流れるようになり、しばらくするとうごめくものが見え、最初はカメかと思いました。その後、黒っぽい全身が見えてオオサンショウウオだと分かり、びっくりしました」という。 

 大油子付近の中夜久野地区では、過去にもオオサンショウウオが確認されている。このところの大雨で集落を流れる牧川支流の小河川の水位が上がり、上流部から流され、この側溝を通って移動してきたとみられる。

 一時的に足立さん方の池で保護していたが、市役所に連絡し、指示を受けて川に放した。


写真=一時的に保護されたオオサンショウウオ

防災を身近にと図書館が関連本集めて特集 災害写真も

防災の特集展示 京都府福知山市駅前町の市立図書館中央館(浅田久子館長)は、防災に関する本と市が被災した過去の記録写真を展示している。9月1日の「防災の日」に合わせた取り組みで、写真パネルは23日まで、本は30日まで並べる。

 防災の日は、1923年9月1日に発生した関東大震災に由来して制定された啓発日。中央館では、防災を身近にとらえ、危機感を持ち日ごろからの備えに役立ててもらおうと特集展示を企画した。

 避難や応急手当て、ハザードマップの活用法、風呂敷の活用術、ポリ袋での調理方法などを学べる100冊を用意。写真は、浸水被害や土砂崩れなど福知山に大きな爪痕を残した2014年の8月豪雨、04年の台風23号をとらえたものがある。

 月曜休館。開館時間は、午前10時から午後8時(土曜、日曜、祝日は同6時)まで。


写真=防災に役立ててもらおうと特集展示をしている


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ