WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年8月 8日のニュース

入院中の監督に勝利を BsCUP野球で昭和ガッツ

昭和GUTS 京都府福知山市の学童野球・昭和GUTS(霜尾凌太郎主将)はこのほど、近畿地区の強豪が集う第15回オリックス・バファローズCUP2018少年少女軟式野球決勝トーナメント大会に出場した。大会期間中、監督の岸本浩さん(42)は入院中で、選手たちは「監督に勝利を届けて病気を治してほしい」と願いを込めて戦い、見事1回戦を突破した。

 大会は大阪府と兵庫県の各ブロック代表チームと、近畿軟式野球連盟の推薦チームの計22チームが決勝トーナメントで争い、近畿のナンバー1を決めるもの。大阪府と兵庫県で開かれる。昭和は、5月の全日本学童軟式野球大会府予選大会で上位に入り、2年連続2回目となる出場を決めた。

 大会の1回戦は7月28日に井吹台少年団野球部A1(神戸市)と対戦。岸本監督は7月中旬から胆嚢結石の手術のため入院しており、大会に間に合わなかった。選手たちは試合前にメッセージを寄せ書きした色紙を岸本監督に贈り、初戦に挑んだ。

 霜尾主将(昭和6年)は「監督がいなくても、教えてもらったことを全て出して勝ちたい」と意気込み、接戦となった試合を2−0で勝利。「監督が帰ってくるまで負けられない」と一致団結した。

 続く2回戦の新家スターズ(泉南市)との試合は8月4日に行われ、岸本監督は試合直前に退院。2−10で敗れ、監督の復帰戦を勝利で飾れなかったが、岸本監督は「子どもたちの勝利が手術の時にすごい力になった。そんな風に感じてやってくれてありがたい」と感謝した。


写真=「監督に勝利を」と一致団結し大会に挑んだ昭和GUTS

ママボランティアならではの豪雨災害チャリティー

豪雨災害チャリティーフェスタ 福知山豪雨災害チャリティーフェスタが7日、京都府福知山市中ノの市厚生会館2階で開かれた。子ども服などを並べるチャリティーバザーのほか、音楽に合わせて体を動かすイベントなどがあり、多くの親子連れでにぎわった。福知山ママボランティアLINK(笹部美佳代表)主催。市、両丹日日新聞社後援。

 ボランティアLINKは、2014年の8月豪雨災害を受け、子育て中のお母さんたちで結成。「自分たちに何かできることを」と、当時は被災者を対象にした託児ボランティア、物資の支援などに取り組んだ。

 今回も、7月豪雨で福知山が大きな被害を受けたことから、ほかのママグループや子育て支援団体と共催で、被災した子どもと保護者のストレスケアや義援金を募る目的でフェスタを企画した。

 バザーでは子ども服、おもちゃのほか非常食などを販売。牛乳パックで出来た食器、タオルやスーパーの袋で作ったおむつなどを並べ、作り方を紹介する防災啓発ブースも設けた。

 「音と遊ぼ」と題したイベントもあり、ピアノ演奏に合わせ、親子で跳んだりはねたりして、楽しく体を動かした。バザーの売り上げの一部と、会場を回るなどして集めた義援金については、近く福知山市役所に届ける。


写真=親子でリズムに合わせた遊びを楽しんだ


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ