WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年8月 6日のニュース

平和の鐘鳴り響く広島原爆の日 京都・福知山で多くの寺院

「平和の鐘」が響いた 原爆が広島に投下されてから73年になる6日、京都府福知山市内の多くの寺院や教会で、投下時刻の午前8時15分、「平和の鐘」が響いた。参加者は全ての戦争被害者に向けて手を合わせ、核兵器の廃絶と戦争を繰り返さないことなどを願って鐘を突いた。

 平和の鐘は、原水爆禁止福知山協議会(朝倉義寛代表)が20年以上前から、市内の全寺院などに呼びかけて、広島への投下の6日と長崎への投下の9日に実施している。昨年は約300人が参加した。

 奥野部の長安寺(正木義昭住職)には、市民ら30人が訪れた。中丹合唱団シルクロードのメンバー4人を中心に全員で「原爆を許すまじ」を歌ったあと、一人ずつ鐘を突いた。

 10年以上参加しているという藪見利明さん(80)=岩井=は「戦争で亡くなった人への思いを込めて鐘を突きました。核兵器が無くなればと思います」と話していた。


写真=平和を願って鐘を突いた(6日午前8時15分ごろ)

鬼の博物館 幽霊も出て寄席怪談

染雀さん
 国内外の鬼に関する資料を集めた京都府福知山市大江町佛性寺、日本の鬼の交流博物館(塩見行雄館長)で、「大江山寄席怪談噺」が3日夜に開かれた。落語家によるゾッとする怖い話が披露され、来館者86人をひと時、異空間へといざなった。

 大江山寄席は、鬼博で9月2日まで夏季特別展「怪鬼! 大江山妖怪屋敷」を開いている記念として催した。

 3人の落語家が出演。桂弥っこさん、林家染雀さん、地元福知山の桂三扇さんが面白いネタで会場を沸かせたあと、染雀さんが再び登場し、「東海道四谷怪談〜お岩の最期」を聴かせた。

 四谷怪談は江戸時代の歌舞伎作者、鶴屋南北が作った怪談で、夫の伊右衛門に殺された妻のお岩が、幽霊となって復しゅうを果たすという物語。

 染雀さんは毒薬を飲まされて顔が崩れ、髪の毛が抜け落ちていくお岩になりきり、恨みの声で苦悶の姿を表現。途中には太鼓、三味線などのお囃子でおどろおどろしい効果音を出し、雰囲気を盛り上げた。

 最後は真っ暗になった客席を、お岩に扮した染雀さんが回り、観客を怖がらせる演出もした。


写真=お岩さんに扮して客席を回る染雀さん


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ