WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年7月 9日のニュース

市役所大江支所がまた浸水 重要書類などは事前に避難

総合会館も浸水 京都府福知山市大江町河守中央の市役所大江支所は、5日からの豪雨で1階が浸水した。庁舎への浸水は2004年、13年に続いて3回目。

 1階には窓口相談係などがあり、7日午前9時20分ごろから、庁舎内に水が入り始め、午後1時から2時ごろにかけて水位がピークとなり、床上53センチに達した。

 その後水位が低くなり、同日夕方には完全にひいて、外に出ることができるようになった。

 支所では事前に重要書類やパソコンなどの機器類を2階に上げていた。


写真=大江支所隣の大江町総合会館も浸水(奥が支所)

消防団がボートで住民救出 「地域の守り」大きな力に

住民を救出する消防団員 大雨災害で、「地域の守り」消防団が大きな力を発揮した。京都府福知山市の市消防団大江ブロックは、河守分団が7日、河守新町で浸水した家屋に取り残された人たちをボートで救出した。

 低地のため、これまで大雨の際に何度も浸水の被害に遭ってきた。今回の大雨では1階がどっぷりと浸かる家が多く、事前に避難した人たちのほか、自宅の2、3階に逃げる垂直避難をした人たちがいた。

 ボートでの救出は午前11時ごろから始まり、河守分団の団員たちが手漕ぎボートに乗って住民約15人を4時間ほどかけて助け出したという。

 家屋2階まで水が達し、家族を消防団に助けてもらった男性(54)は「団員のみなさんも被災されているのに。ありがたいという気持ちでいっぱいです」と話していた。


写真=ボートで住民を救出する消防団員(読者提供)

災害ボランティアセンター開設 京都・福知山

災害ボランティアセンター現地センター 京都府福知山市で災害ボランティアセンターが開設された。ボランティアの受け付けは9日午前8時50分から猪崎、三段池公園内の市武道館前の現地センターで始まった。

 居住地内の泥出し、家財道具の整理など生活復旧に関することに限定。活動場所まではマイクロバスで送り届け、土砂崩れの恐れなど、ボランティアに危険が及ぶ場所での活動はしない。

 10日以降も午前10時から午後4時まで受け付ける。団体は事前連絡を市社会福祉協議会内の市災害ボランティアセンター統括本部、電話0773(25)3211で受け付ける。


写真=市武道館前に設けられた災害ボランティアセンター現地センターで受け付けが始まった(10日午前8時50分)

山崩れで土砂が河川ふさぎ避難勧告 大江町公庄で

 大雨による山崩れで土砂が河川をふさぎ「天然ダム」が出来てしまい、決壊による被害発生の恐れが出たため、京都府福知山市は9日午前11時15分、大江町公庄地域の17世帯39人に避難勧告を発令した。

 天然ダムが出来たのは一級河川谷河川(たにごがわ)で、上流の山腹が延長40メートル、高さ60メートルにわたって崩れ、推定約1万2000立方メートルの土砂が川を埋めている。

一部の府道で通行止め続く 京都・福知山市内

崩壊した常願寺の市道 大雨の影響で通行止めとなっていた京都府福知山市内の道路は、順に復旧が進み、規制が解除されてきた。しかし、9日午前の段階で、なお一部の幹線道と多くの市道が通行止めになっている。通行再開道路も、土砂が残っている場所が多い。道路が傷んでいる恐れもあり、安全を確かめながら走る必要がある。

 大雨の影響で通行止めとなっていた京都府福知山市内の道路は、順に復旧が進み、規制が解除されてきた。しかし、9日午前の段階で、なお一部の幹線道と多くの市道が通行止めになっている。通行再開道路も、土砂が残っている場所が多い。道路が傷んでいる恐れもあり、安全を確かめながら走る必要がある。

 府道は牧から舞鶴に向けて全面通行止めになっていた国道175号が8日午後4時に解除となり、下天津から雲原までの国道176号も同6時に通行止めが解除された。

 9日午前10時現在で通行止めになっているのは府道談夜久野線の、ゆずりトンネル旧市側。下野条上川口停車場線も上野条と大呂の間で通行止め。府中丹西土木事務所は、いずれも10日中の開通を目指している。

 三岳の国道426号については、複数カ所で土砂が崩れ道路が埋まっていたが、土砂を集めて片側交互でかろうじて通行できるようにしている。9日中の土砂撤去を目指している。

 由良川右岸を通る府道舞鶴福知山線は、地元の車両については入れるようにしている。積もった泥を除去し、筈巻の道路崩落した場所の安全対策などを急いでいる。

 市道は三岳で国道429号と常願寺集落を結ぶ道が、横を流れている小川に侵蝕されて崩壊。通れなくなり、集落が孤立している。


写真=増水した小川に侵蝕されて崩壊した常願寺の市道


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ