聖地の水を井戸へと注ぐ出口教主 京都府福知山市上紺屋町で新宗教「大本」の開祖・出口なおの生誕地を保存する施設「厳(いづ)の郷」の起工祭が、8日に営まれた。施主の宗教法人大本(出口紅教主)が催し、関係者らが鍬(くわ)入れや神事を営んだ。



戻る