WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年6月11日のニュース

上紺屋で開祖生誕の地を保存整備 宗教法人大本

聖地の水を井戸へと注ぐ出口教主 京都府福知山市上紺屋町で新宗教「大本」の開祖・出口なおの生誕地を保存する施設「厳(いづ)の郷」の起工祭が、8日に営まれた。施主の宗教法人大本(出口紅教主)が催し、関係者らが鍬(くわ)入れや神事を営んだ。

 出口なおは、1837年1月に大工の桐村家の長女として誕生し、17歳のときに綾部市に住む叔母・出口ゆりの養女となった。その後、さまざまな苦難を経て1892年に同市で「大本」を開いた。

 法人は2012年から始まった開教120年記念事業のひとつとして、「厳の郷」整備事業を立ち上げ、用地買収などを進めてきた。今年1月に跡地全ての取得が完了し、着工の運びとなった。
0611idub.jpg
 施設の敷地は約800平方メートルで、開祖・なおの生誕時から唯一残っている井戸を保存するほか、開祖の幼少時を説明する立て看板、休憩所、トイレを併設する。11月に完成する予定で、一般にも無料で開放する。

 式典ではお祓いの後に出口教主が入場。鍬入れ、祝詞奏上、賛美歌の斉唱などをして、工事の無事を祈った。また、綾部市の聖地と生誕地をつなげるために、出口教主が聖地で汲んだ3種の水を井戸の中に注ぎ入れ、聖地の土を周辺にまく儀式もした。

 このあと、関係者らがあいさつに立ち、建築主で法人の鈴木穎一本部長は「今から完成を楽しみにしています。信者の方らが、ぜひ立ち寄りたいと思える場所にしていきたい」と述べた。


写真上=聖地の水を井戸へと注ぐ出口教主
写真下=厳の郷完成予想図

飲酒運転撲滅へ街を検問で包囲 福知山署

検問する警察官 飲酒運転が後を絶たないことから、京都府警本部と福知山署は福知山市内の福知山駅北地域一帯で、警察官50人を動員した大規模な飲酒検問をした。

 府警本部によると、福知山署管内での飲酒運転は、昨年、物損事故も含めて18件あり、府内の署別では最も多かった。また、今年も飲酒運転が多い状況が続いており、大規模な検問をすることにした。

 検問は8日夜から9日早朝にかけ、居酒屋やスナックなどが集まる駅北地域を囲むように10カ所で行い、合計で218台の車両を止め、酒気帯び運転の疑いで1人を検挙した。

 今回は府警本部から36人、福知山署から14人が参加。福知山署講堂で同署の姫野敦秀署長、府警本部交通指導課の三浦俊博課長が訓示したあと各検問地点へ移動した。

 篠尾新町の府福知山総合庁舎前では、5人ほどの警察官が駅北から他地域へ向かう車に停車を求め、運転手の呼気が酒気を帯びていないかを1台ずつ調べた。

 府警本部では、今後も同様の取り組みを続けていくことにしている。


写真=飲酒運転をしていないか検問で確認する警察官


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ