京都府福知山市の市立福知山市民病院は、福知山踊りが認知症予防や改善に効果があるのかを検証する取り組みを14日から始めた。70歳以上の市民に集まってもらい、週1回のペースで踊り、認知機能の変化を調べるもので、最高齢の90歳2人を含む56人が参加し、一緒に体を動かした。



戻る