WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年5月12日のニュース

46機関1400人参加して総合水防演習 由良川河川敷で

土のう作りを体験 最大規模の洪水を想定した「由良川水系総合水防演習」が12日、京都府福知山市猪崎の由良川河川敷運動広場を主会場に行われた。行政、警察、消防、病院など46機関と一般市民を合わせ約1400人が参加。さまざまな訓練を通して、有事の際の連携強化、水防技術の向上を図った。

 国交省近畿地方整備局管内の府県で毎年取り組まれている。由良川流域では24年ぶりの開催で、福知山、舞鶴、綾部、宮津、南丹、京丹波の6市町、国交省、府で組織する実行委員会が主催。今回は台風の大雨により、福知山市内の由良川左岸で、越水による氾濫が生じ、市街地で家屋倒壊、浸水など大規模な被害が発生した−との想定で行った。

 開会式では、簗和生国交大臣政務官、西脇隆俊府知事のあいさつに続き、大橋一夫福知山市長が「由良川は豊かな恵みをもたらすとともに、被害も受けてきました。ハード整備と並行し、演習などを通してソフト面も強化し、安心安全なまちづくりにつなげたい」と話した。

 演習は水防訓練からスタート。堤防の土が削り取られるのを防ぐ「シート張工」、堤防の上に土のうを積み上げ、水があふれるのを防止する「積土のう工」など、洗掘、漏水、越水を防ぐ多様な水防工法を実践した。

 水防活動には、美河小学校の4、6年生40人、福知山公立大学生約30人も参加。国交省OBでつくる防災エキスパートのメンバーから、土のう袋に土を詰める方法などを教わり、みんなで順番に体験した。

 「袋の6割くらい土を入れて」など、要所でアドバイスを受けながら、2人1組になって実践。スコップで土を入れたり、完成した袋を積んだりした。

 引き続き情報伝達、緊急排水訓練も実施。消防、警察、自衛隊などが連携し、河川内の中州、土で埋まった車両とビルから、専用機器やヘリコプターなどを駆使して、逃げ遅れた人を救助する訓練も行われた。

 また炊き出し、起震車、水中歩行などいろいろな体験スペースを設けたほか、災害対応車両の展示などもあり、見学や体験を通して一般市民が防災意識を高めた。


写真=土のう作りを体験する美河小の児童(12日午前10時5分ごろ)

愛鳥週間にフクロウ巣立つ 民家の軒下から

巣立ったばかりのフクロウ 京都府福知山市口田野の由良春夫さん(69)方で、今年もフクロウのひなが巣立った。ひなは敷地内の木に止まって愛くるしい姿を見せ、訪れた地域の人たちがおっとりとしたその表情に癒やされている。10日から16日までは「愛鳥週間」。

 フクロウは、昨年、由良さん方の蔵の軒下に初めて巣を作り、2羽が育った。由良さんが「今年も巣をつくるかなと楽しみにしていた」ところ、4月上旬に巣作りしているのを確認。今月9日に1羽目のひなが巣立ち、2羽目も11日までに飛び立った。

 「今年もかわいい姿が見られてうれしい。もう1羽、巣にいるみたいなので、無事に育ってほしい。福も来たらいいですね」と笑顔で話す。


写真=巣立ったばかりのフクロウが木に止まる(11日撮影)


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ