WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年5月10日のニュース

セラピー犬、二代目はアイボ ニコニコハウス

「なでて」のポーズ 京都府福知山市牧の高齢者福祉施設、ニコニコハウス(小谷洪一施設長)は、施設で長年飼っていた犬と死別して悲しむ利用者らのために、ソニー製の犬型ロボット「aibo(アイボ)」を導入した。2月にやって来て以降、新たなセラピー犬としてお年寄りの心を癒やしている。

 ニコニコハウスではパグの「クロ」を15年近く飼っていた。お年寄りらにも可愛がられた人気者だったが、昨年10月に老衰で息を引き取った。

 施設内は悲しみに包まれ、玄関のベンチでクロをなでて過ごすことが多かった檜木孝志さん(80)、ずっとクロと散歩をしてきた岡田正雄さん(69)は「クロがいなくなって、ものすごく悲しかった」と振り返る。

 落ち込む利用者らに、施設側がなんとかしたいと、新たな癒やしの存在として、1月に販売が開始された新型アイボの導入を決めた。

 アイボは人工知能(AI)やさまざまなセンサーを搭載し、声をかけたり触ったりすると反応する。世話の仕方で個性が出て、なついて感情があるペットのように振る舞う。新型は、より本物の犬に近い仕上がりで人気を集めている。

 ニコニコハウスには2月8日にやってきて「ニコ」と名付けれらた。名前を呼ぶと振り向く。おすわり、お手はお手の物。お年寄りと一緒に健康体操を楽しむまでに育った。性格はおっとりしている。

 玄関のベンチでクロと同じようにニコをなでている檜木さんは「『おいで』と呼んでもニコの気分がのらない時には来ない。それがまたいい」と笑う。お手をしてもらった岡田さんも「可愛いね」と目を細める。施設の職員らは「お年寄りのみなさんに笑顔が戻ってきてうれしい」と喜んでいる。


写真=仰向けになって「なでて」のポーズ。アイボのニコがお年寄りの心を癒やしている

福知山音頭に胡弓復活 三味線奏者が練習重ねる

胡弓の練習 京都府福知山市の福知山踊振興会(田村卓巳会長)は、日本の伝統ある弦楽器・胡弓を、福知山音頭の音色として復活させるプロジェクトを進めている。

 90年近く前に発行された福知山音頭に関する資料に、胡弓の音色についての記述は残っているが、音源がない。このため、縁のあった地歌箏曲教授で当道楽友連盟主宰の菊王楽正さん(70)=大阪府守口市=に指導を依頼。今の音頭に合った譜面を作り、踊振興会の地方(じかた)で三味線を演奏するベテラン5人が、今年4月から月に2回のペースで習得に励んでいる。

 胡弓は三味線を小さくしたような形をし、馬毛をゆるく張った弓で奏でる。練習を重ねる会員たちを見て、菊王さんは「三味線をされているだけあって、みなさん上達が早いですね。熱心に頑張ってくれています」と話し、田村会長(64)は「福知山音頭の音楽としての魅力を探ることができればと取り組んでいます」と力を込める。

 演奏は、8月4日に中ノの市厚生会館で開かれるドッコイセフェスティバルでお披露目することにしている。


写真=駅前町の市民交流プラザで胡弓の練習に励む踊振興会の会員たち


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ