WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年4月13日のニュース

サギのコロニー 外敵から守りながら子育て

サギ 京都府福知山市の由良川・音無瀬橋上流左岸にある雑木林「藪裏(やぶうら)」で、水鳥のサギの仲間が集団営巣し、子育ての準備を始めている。

 由良川と法川の合流点付近にある藪裏は、以前から多くの動植物が生息し、豊かな自然が残されてきた。

 すみ着いているサギはシラサギ、アオサギ、ダイサギなど、約50羽がいるとみられる。外敵からひなを守るため、コロニーと呼ばれる集団繁殖地で子育てしており、3月下旬から、子育ての準備にかかる親鳥の動きが見られるようになった。以前作られた巣をそのまま使ったり、古い巣を小枝などで補強したりするケースもあり、今は忙しく親鳥が巣の上を飛び交う姿が見られる。

 早いもので4月終わりごろに産卵が始まる。5月に入ると活発になり、6月上旬にひながかえり、子育ては7月ごろまで続くとされる。

 京都府緑の指導員で、野鳥やクマなどの保護活動を続ける森方徹さん(71)は「藪裏の対岸で工事が行われていた影響で、今年はサギの数が少ないようです。対岸が落ち着いた状態になると、元に戻るのではないでしょうか」と話している。


写真=子育ての準備でコロニーを作るサギ

「ちょうどいい田舎」PR 中六が移住者呼び込む

完成したパンフレットを持つ 過疎化が進む京都府福知山市中(なか)六人部(むとべ)地区の住民でつくる団体が、移住者を呼び込む運動に取り組んでいる。「ちょうどいい田舎ぐらし」と銘打った地区の紹介パンフレットを作り、「あなたも中六人(なかろくじん)に仲間入りしませんか」と、これから京阪神方面を中心にアピールしていく。

 地区の人口は、1998年には1100人ほどいたが、現在は800人を割り込む。65歳以上の人口が約半数を占めるなど、人口減少と少子高齢化が著しく、3月末には地元の中六人部小学校が閉校した。

 市街化調整区域にあたり、新たな住宅が建てにくいなどの厳しい規制があったが、2016年に土地活用の幅を広げる地区計画が策定され、3集落(野間仁田、下地、中地)の計20ヘクタールほどを対象に一般住宅や共同住宅、日常生活に必要な商業施設などの立地ができるようになった。これをきっかけに17年4月、中六人部地区計画推進委員会(細見充委員長、31人)を設立した。

 推進委員会は、地元自治協議会や農区長会、公民館などと連携を取りながら、同地区計画や市農山村地域空き家情報バンク制度、耕作していない農地などを活用して、新規就農者をはじめとした年間10人の移住者の受け入れをめざす。

 3月には、府の移住促進特別区域に指定され、活動にさらに勢いが付いた。まずは地区をアピールするための啓発物をと、関西圏や市街地から同地区に移住した4組の声などを漫画調のデザインでまとめた。

 デザインは、イラストレーターとして活躍する地元住民の尾松克巳さん(50)=島田=が担当。表紙には自然豊かな風景画を使い、親しんでもらおうと「中六人」のキャラクターも作った。A4サイズ8呂隆儔山きで5千部印刷した。

 中六は市の南部に位置する農村地帯で、少し車で走れば大型商業施設がある。舞鶴若狭自動車道のインターチェンジが近いなど交通の利便性も良く、京都市、神戸市まで約90分、日本海へも手軽に行くことができる「ちょうどいい田舎」。

 細見委員長(69)は「まずは地元を知ってもらうことが一番。先進地の活動を参考に、より良い移住促進を図っていきたい。小学校は無くなりましたが、地元に元気が戻ってきたらうれしい」と話している。


写真=完成したパンフレットを持つ尾松さん、細見委員長、藤田重行事務局長(左から)


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ