WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年4月10日のニュース

神戸FW大槻選手 今季初得点が決勝弾

大槻選手 京都府福知山市今安出身のJリーガーで、ヴィッセル神戸のFW大槻周平選手(28)が8日、J1リーグ第6節のガンバ大阪戦に先発出場し、後半アディショナルタイムに劇的な決勝弾を決めた。大槻選手はこれが今季初得点で、チームに勝利を呼び込んだ。

 J1リーグは2月23日に開幕。日本代表クラスの選手が顔をそろえる神戸攻撃陣のなかで、大槻選手は第4節のセレッソ大阪戦から3試合続けて、1トップとして先発起用された。
 
 ガンバ大阪との試合は、序盤から一進一退の攻防を繰り広げたが、両チームとも決定力に欠き、無得点のまま後半アディショナルタイムに突入。ここまで、持ち前のプレスやポストプレーで存在感を示していた大槻選手が、最後に試合を決めた。
 
 右サイドのゴールライン際からDF藤谷選手が低いクロスを入れ、走り込んだ大槻選手が左足で流し込んだ。「DF陣が耐えてくれていたので、最後に結果を出すことができて良かった。苦しんだ分、うれしさはとても大きい」と喜びを爆発させた。
 
 
写真=決勝弾を決め喜びを爆発させる大槻選手(c)VISSEL KOBE

 

「大きな機械、すごい!」 高速道工事現場で親子見学会

0407tonerukengaku.jpg 京都府福知山市長田野町の西日本高速道路(ネクスコ西日本)関西支社福知山高速道路事務所は、舞鶴若狭自動車道の4車線化工事を進める私市トンネルで6日に現場見学会を開いた。春休み企画として親子らを対象に行い、8家族22人が参加。掘削に使用する大型重機などを見て楽しんだ。

 「親子でなるほど! 高速道路発見」と題して企画した。全長748メートルの私市トンネルは福知山IC−綾部IC間の綾部市私市町にあり、1月から掘削作業を始めて現在は200メートルほどまで進んでいる。

 見学会では初めに、トンネルの概要や建設方法などの説明があり、掘削は機械と爆破を併用することなどを聞いた。実際にトンネル内にも入り、ドリルジャンボなど8種類の大型重機を見学。子どもたちは大きさや迫力に魅了されていた。

 祖父母と参加した小林仁君(綾部市立吉美小3年)、いとこの塩見悠輔君(同市立物部小2年)は「重機はかっこよかった。タイヤの大きさにびっくりした。おじいちゃん、おばあちゃんと来られて楽しかった」と笑顔を見せていた。


写真=重機の迫力に驚く子どもたち


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ