WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年4月 2日のニュース

鉱脈発見者たたえる石碑 いまも大江山見守る

鉱脈発見者の記念碑 大江山のふもとに位置する京都府福知山市大江町佛性寺で、かつて銅鉱石を多く産出した河守鉱山。地区内の大江山グリーンロッジ近くの市道沿いに、鉱山開発のきっかけとなった鉱脈発見者の記念碑が静かに建ち、訪れた人たちに鉱山の歴史を伝えている。

 発見者は地元の藤原吉蔵氏。1917年(大正6年)、千丈ケ原に発電用貯水池を建設する途中、銅鉱脈の露頭を見つけた。

 28年(昭和3年)に日本鉱業(当時・久原産業)が採掘に乗り出し、不況で30年に休山になったが、3年後に操業を再開。最盛期は鉱山に従業員や家族ら約600人が生活し、1つのまちをつくっていた。73年の閉山後は地区の人口が減少。施設も次々と取り壊された。

 記念碑の高さは約2メートル。表面には「藤原吉蔵氏 温厚誠実」などの文字が刻まれている。36年に地元の人が建てたとされる。

 鉱山跡地周辺に建てられた日本の鬼の交流博物館の塩見行雄館長(69)は「大江山の歴史の中で河守鉱山が操業していたことは大きな出来事で、記念碑は鉱山の存在を知らせる貴重な遺物となっています」と話している。


写真=鉱脈発見者たたえる碑が山中に建つ

創業352年で71店展開 さとうが入社式

辞令を受け取る新入社員 京都府福知山市上紺屋町に本社を置く総合小売業のさとう(佐藤総二郎社長)グループは1日、篠尾新町のサンプラザ万助で入社式をした。新卒採用者25人と前年度中途採用者の14人が出席し、新しい一歩を踏み出した。

 グループは創業352年目で、現在は京都、兵庫、大阪、福井の4府県で「バザールタウン」「フレッシュバザール」などのスーパーマーケット、レストランをはじめ多様な形態の71店舗を展開している。総従業員数は約5600人。

 入社式では新入社員が、家族らに見守られながらグループ歌の斉唱、自己紹介をし、「お客様に笑顔になってもらえる社員になりたい」「地域社会へ貢献したい」と抱負を述べた。

 佐藤社長は式辞で、「私たちの目的は、従業員が心を一つにし、お客様の豊かな暮らしのために全力を尽くすことにあります。グループの一員として誇りと謙虚さを忘れず、ともに地域社会のために全力を尽くしてください」と激励。新入社員代表に、辞令を交付した。

 このあと、全員で手話と日本語、英語で決意表明。「常にお客様の視点を忘れず改善を重ねてお客様のお幸せと豊かなくらしのために全力を尽くすことを誓います」と表現した。

 入社式前の3月30日には、役員、幹部と新入社員で御霊神社への参拝。新入社員による御霊公園、広小路通り周辺の清掃奉仕活動にも取り組んだ。


写真=辞令を受け取る新入社員代表


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ