実際のコースを走る関係車両 福知山、綾部両市を駆ける第40回京都府民総合体育大会市町村対抗駅伝競走が11日に行われるのを前に、関係車両の運行リハーサルが9日にあった。実行委員会や陸上自衛隊福知山駐屯地の関係者ら約40人が参加。先導車をはじめ15台がコースを走って道路状況などを確認した。



戻る