WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年2月 8日のニュース

ご当地アイドル・ハピスリの衣装 淑徳高生が作る

衣装を着たメンバーと生徒たち 京都府福知山市正明寺、福知山淑徳高校(山口剛校長)アパレルファッション系列の3年生8人が、卒業制作として、福知山のご当地アイドル・Happy3days(愛称・ハピスリ)の衣装を作った。6日には、学校を訪れたハピスリのメンバー5人に、衣装を手渡した。素晴らしい出来栄えに歓声を上げるメンバーに、生徒たちも笑顔を見せていた。

 ハピスリは、福知山ご当地アイドルプロジェクト・ハピノマ(土倉健吾代表)がプロデュースし、16年4月に結成。メンバーに淑徳高の卒業生がいるという縁もあり、活動を始めて1年ほど経ったころに、衣装づくりの話が持ち上がった。

 生徒たちが本格的に制作を始めたのは今年1月に入ってから。ロックテイストな楽曲が多いハピスリにぴったりの「黒」を基調とし、デザインから始めた。

 全体のバランスを見ながら、一人ひとりのメンバーカラーを取り入れたり、スカートのデザインを変えたりして、それぞれの個性が生きる仕上がりをめざした。

 衣裳

 3年間、多彩な衣装を作り続けてきた生徒たちの技術と感性が光る力作が出来た。来校したメンバーは教室で、仕上がったばかりの衣装を見て「うれしい!」「すごく可愛い」と大喜び。さっそく試着した。

 3年の松井梨々花さんは「気に入ってもらえて良かった。作りがいがあります。みんなで協力したので、良い思い出になります」と笑顔を見せていた。

 ハピスリのリーダー・宇佐美るいさん(21)は「理想的な仕上がりです。一人一人の個性に合ったものを作ってくれて本当にうれしいです」と感謝の気持ちを伝えた。

 衣装は、今春のライブで着て、披露することにしている。

■ハピノマが2期生を募集■

 ハピノマでは現在、ハピスリの2期生を募集している。やる気のある満13歳から22歳までの女性で、プロ・アマは不問。活動内容は、市内の各イベントやライブ、メディアなどへの出演、京阪神などのアイドルイベントへの出演、CDの発売とレコーディングなど。

 希望者は、ハピスリのウェブサイトの応募フォームに必要事項を入力し、申し込む。

 問い合わせはハピノマ、携帯電話090・5469・3598へ。


写真上=衣装を着たメンバーと生徒たち
写真下=卒業制作で手掛けた衣装

じっくりと味わい種類を鑑定 茶香服大会

茶香服大会
 出されたお茶の種類や産地を当てる「茶香服大会」が7日、京都府福知山市大江町河守、JA京都にのくに大江支店であった。茶の生産者ら34人が味や香りを確かめ、鑑定する技を磨いた。市茶生産組合連合会(田中文明会長)が主催し、13回目になる。

 茶香服は鎌倉時代に中国から伝わり、公家や武家社会で優雅な遊びとして流行したという。同連合会では茶の生産向上につながればと毎年大会を開いている。

 田中会長はあいさつで、昨年は台風の影響で茶園が冠水したことなどに触れ、「茶園はどこも大変だけれど、関係者のみなさんにも協力して頂きながら、頑張っていきたい」と語った。 

 諸注意のあと競技開始。湯の温度や茶の量などをそろえた両丹産の玉露、鹿児島や滋賀産の煎茶など5種を用意した。参加者は、香りをかいだり口に含んだりしながら、25点満点で順位を競った。

 初めて参加した大江町二箇下の大槻雅子さん(70)は「自分の中に味への先入観があって、難しいです」と話していた。

 上位は次のみなさん。カッコ内は所属組合名。

 (1)勝田洋平(大江)20点=府中丹広域振興局長賞(2)田中美津枝(新興)16点=福知山市長賞(3)夜久栄吾(土成)15点=京都丹の国農業協同組合長賞(4)大槻成利(同)13点(5)井田公子(井田)12点


写真=真剣に茶の味を確かめる参加者


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ