WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年2月 5日のニュース

ボラギノールの天藤製薬 三田で新工場稼働

 痔の薬「ボラギノール」の天藤製薬(本社・京都府福知山市笹尾町、大槻良三社長)が、兵庫県三田市で進めていた三田工場の新築工事が完了し、1日に竣工、稼働を始めた。

 約3万9千平方メートルの敷地に、鉄骨造り2階建て延べ床面積約1万1千平方メートルの工場を建設。高度化するグローバルGMP(医薬品、医薬部外品の製造管理、品質管理の基準)に適応するための製剤工場と製剤開発施設とする。

 これで同社の製造拠点は、長田野工業団地にある福知山工場(従業員数約60人)との2カ所となった。

 三田工場には本社敷地内の研究施設・創薬センター(従業員11人)を移転した。

6年ぶりに雪まつり ゲレンデに家族連れの笑顔

 6年ぶりに雪の中で歓声−。京都府福知山市坂浦の北陵総合センタースキー場で4日、雪まつりが開かれた。晴天となり、白銀の中で子どもたちは大はしゃぎ。ソリ滑りやミカン拾い競争など、雪尽くしのイベントが続き、ゲレンデに笑顔が弾けた。

 雪まつりは12年に開催以来、積雪不足などで5年連続中止されていたが、今回は1月24日から26日にかけて降り続いた雪が30センチほど残っていたため、6年ぶりに開いた。

 まつり前日には、主催する北陵地域公民館運営協議会のメンバー20人ほどが集まり、駐車場や道路の雪かき、会場設営を手分けして実施。来場者を迎える準備をした。

 当日は、開催の可否を確認する電話が朝から多くあり、まつりがスタートする午前10時には、たくさんの家族連れらが来場。ソリ遊びや雪上ビーチフラッグ競争などをして、楽しく過ごした。

 雪まつりがあることを知り、神戸市から祖母の中山芳子さん(57)と遊びに来た隼君(4)は「ソリ遊びはスピードが出て、とっても楽しい」と大喜びで、夢中になって何度も滑っていた。

 また雪に埋まったミカンを集める「ミカン拾い競争」は、幼児、小学生以下、大人など世代別で実施。子どもたちは、「よーいスタート」の合図とともに、一斉に雪の中を駆け出し、必死にミカンを探した。

 公民館運営協議会の小原彰紀会長(62)は「気温の高い日もあり、雪が残るか気をもみましたが、6年ぶりに開催できてほっとしています。雪の中で遊ぶのは、子どもにとって良い経験だと思うので、今後も続けていきたい」と話していた。


写真=ミカン拾い競争を楽しむ子どもたち


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ