WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年1月 3日のニュース

車いすで駆ける「サンジ」(上) ディスクドッグで優勝

サンジ 犬が緑の芝生を駆け、飼い主と息を合わせて、投げられたディスク(円盤)を飛び跳ねてとらえる−。ディスクを通じて人間と犬が楽しめるスポーツ競技、ディスクドッグ。京都府福知山市土師宮町の西村慎一さん(51)・裕子さん(47)は、夫婦で一緒にこの競技を楽しんでいる。コーギー2匹、ボーダーコリー4匹と一緒に仲良く暮らし、その中に専用の車いすを身につけたコーギー犬がいる。名前はサンジ(11)。夫婦の愛情をいっぱいに受け、ディスクを追って、りりしく、さっそうとした姿を見せる。

 サンジは2005年に飼い始めたコーギーの“長女”ナミ(12)に続き、西村家の“長男”として06年に家族の一員になった。本格的に競技に取り組んだのは、サンジが1歳のときの07年。慎一さんの相棒として、練習を積み始めた。

 名前を呼んで「来い」とコマンド(命令)すると飼い主の元に戻ってくるようにしつけたり、「待て」「伏せ」などを理解させる。次に、ボールなどの物を持ってくるよう覚えさせる。

 このような基本から、順に一つずつ段階を経て、技の修得に入る。慎一さんは「当初は簡単にできると思っていましたが、根気が必要でした」と振り返る。出来るまで諦めずに繰り返した。
0101sinnititosanji.jpg
 約半年間の練習の成果を試そうと、サンジと初めて大会に挑んだ。ディスタンス部門に出場し、初優勝した。「まさかの結果で、うれしかった。今までやったことが間違っていなかったと確信できた」。これを機に、一層競技にのめり込んだ。

 その後は、フリースタイル競技に挑戦。小型犬のコーギーでは珍しく、中型犬のカテゴリーで大会に参加した。いくつもの近畿圏内の大会で上位入賞するなど活躍したが、体への負担を考慮して、13年頃からは競技をディスタンスに戻した。

 その間に、ボーダーコリーのロビン(13)、ゾロ(10)、メリー(7)の3匹が家族に加わった。ちなみに愛犬の名前は、全て人気漫画のキャラクターに由来する。

 愛犬たちと競技を楽しんでいるなかで、サンジの体に異変を感じるようになった。後ろ足を地面にすって歩くようになり始めた。「認めたくない気持ちが強く、否定したかった」


写真上=愛犬・サンジと裕子さん
写真下=慎一さんとフリースタイルの練習をするサンジ(5歳のころ)

車いすで駆ける「サンジ」(下) 雨でも日に3回の散歩

ディスクを追いかけるサンジ 京都府福知山市土師宮町の西村慎一さん(51)・裕子さん(47)夫婦と暮らすコーギー犬の「サンジ」。夫婦と一緒にフライングドッグの練習に励み、大会で優勝もした。そんなサンジが、後ろ足を地面にすって歩くようになり始めた。

 症状は徐々に悪化し、2015年10月、京都市内の病院でDM(変性性脊髄症)と診断された。痛みは伴わず、ゆっくりと進行する脊髄の病気で、症状は後ろ足から出現し、進行すると脊髄の前の方にも広がり前足にも症状が現れる。近年、コーギーでの発生頻度が高く、現時点で治療法はないとされる。

 後ろ足を引きずり、家の中でもほとんど動かなくなったサンジを見て、慎一さんは手作りの車いす製作を始めた。中古のベビーカーの車輪や鉄のフレームを用意し、完成させた。整備士だったことが大いに役立った。

 さっそく、サンジに装着した。「聞き分けが良くて、助かった」と慎一さん。嫌がることもなく、すんなり受け入れてくれた。

 それまでは、すねた様子だったが、車いすのおかげで思うがままに動けるようになり「表情が明るくなり、目に輝きが戻った」という。

 西村さん夫婦にとって、愛犬たちとの時間は生活の一部。日課は朝6時30分、夕方6時過ぎ、夜9時ごろからの3回の散歩。雨の日も風の日も雪の日も欠かさない。毎回、10〜15分ほど近所を連れて歩く。

 サンジがこの病気になってからもそれは変わらない。雪が降り積もっても、車いすの車輪に子ども用のスキー板を敷いて歩いた。おかげで、近所の人から声を掛けてもらい、良い交流になった。
0103diskudog.jpg
 裕子さんはインドア派だったが、犬を飼うことでアウトドア派になった。「犬を通じてつながりが増え、楽しい。散歩するだけでも違う。犬は手がかかるほどかわいくなります」と目を細める。

 16年には、ボーダーコリーのレイリー(1)が加わり、6匹となった。ディスクドッグの大会に出場しているのは、現在メリーとレイリーで、あとの4匹は高齢などのため遊びでやる程度。

 慎一さんは「競技を始めて、サンジに多くのことを教わりました。サンジでなければできなかったと思う」と振り返り、「診断を受けた時、競技を辞めさせるのもひとつだが、動ける範囲で続けさせたいと強く思った」と話す。

 西村さん夫婦にとってディスクドッグとは、愛犬と思いが通じ合える手段の一つ。「みんなが高齢になってきているので、体に気を付けながらいつまでも楽しい生活を続けれたらうれしい」


写真上=車いす生活になってもディスクを追いかけるサンジ
写真下=ディスクを空中でキャッチするサンジ(5歳のころ)


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ