酒呑童子絵巻 福知山市大江町佛性寺、日本の鬼の交流博物館(塩見行雄館長)で、冬季特別展が開かれている。テーマは「鬼神に横道なきものを−近世に描かれた酒呑童子の憤怒」。大江山の酒呑童子の鬼退治伝説を題材に、江戸時代を中心に描写された絵巻物や錦絵などを展示。作品を通じて当時の庶民の間に伝説が広く知れわたったことが分かる内容となっている。来年2月4日まで。



戻る