WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年12月 2日のニュース

鉄道生かし地域振興を JRと大学が連携協定

 京都府福知山市西小谷ケ丘の公立大学法人福知山公立大学(井口和起理事長)とJR西日本福知山支社(田中達也支社長)は、鉄道を生かした地域振興と地域人材育成を促進する連携・協力の協定を締結した。昨年春に開学した公立大側は、地域特産品の魅力発信などで学生の教育機会につなげ、地域との共生に取り組むJR側は、若者ならではの感性や視点に期待している。

 昨年11月、豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス・瑞風」が立ち寄る山陰線の城崎温泉駅がリニューアルオープンした。このとき、公立大はJRの依頼を受け、地域協働型教育研究の一環として、同駅構内の新店舗近くで流す地域特産品PR映像のシナリオを作成した。こうした経緯があり、両者が連携・協力の協定締結をすることになった。

 締結式は1日に駅前町のJR西日本福知山支社であり、公立大側から井口理事長、富野暉一郎副学長、JR側から田中支社長、白石和範地域連携推進室長が出席。署名した協定書を交わし、相互協力することを誓い合った。

 井口理事長は、地方都市では置かれることが珍しい国鉄福知山鉄道管理局(福知山支社の前身)が福知山市にあったことに触れ、「管理局が置かれていたことは福知山にとって誇りです。鉄道を教育に使わない手はない。公立大が鉄道活性化に協力し、この誇りを輝かせたい」とあいさつ。

 田中支社長は「公立大とはこれまでから連携し、地域特産品の魅力発信に取り組んでいただいた。今後は地域人材育成、鉄道活性化などの分野でも連携を深めることになり、期待している」と語った。

 連携協定の事例として、地域特産品販売の効果的な商品の魅力発信プログラム作成▽地域特産品の京阪神のターミナル駅での販売やPRイベント開催▽鉄道を使った旅行モデルコースの作成、観光拠点の発掘▽無人駅を生かした地域活性化▽相互の講師の派遣などを挙げている。


写真=協定書を手にし握手する井口理事長(左から2人目)と田中支社長

師走の街に僧の托鉢 浄財は地域福祉に

托鉢 師走を迎え、京都府福知山市の市仏教会(会長・佐々木善数願成寺住職)は、毎年恒例となる「歳末たすけあい托鉢」をした。小雨がぱらつく中、僧侶約40人が市街地を回り、市民に協力を求めた。

 南本町の高林寺で1日に総会があり、そのあとに取り組んだ。同寺の前で般若心経を唱えてから出発。3班に分かれて、アオイ通り三丁目商店街や福知山駅周辺などを約1時間にわたって歩いた。

 僧侶たちが拡声器や鈴を使って呼びかけ、待ち構えた市民が、僧侶が首から下げた箱に浄財を次々と入れていた。

 浄財は同日、両丹日日新聞社が提唱し地域の福祉施設などを支援している「愛の寄金」に寄託した。


写真=商店街を歩いて托鉢した


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ