WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年11月13日のニュース

旧短大の校舎や人材活用して地域貢献 NPO発足

残った校舎を活用 今年3月に閉校し、67年の歴史に幕を閉じた京都府福知山市の成美大学短期大学部。西小谷ケ丘に残った校舎を活用し、地域の役に立てることを−と、短大部の元教員や卒業生ら20人がNPO法人を立ち上げた。短大部での知識、経験を生かした子育て支援、高齢者サロンの開催などに取り組むといい、来年1月の本格始動に向けて準備を進めている。

 1950年に山陰短期大学が誕生し、56年に京都短期大学となり、短大商経科が京都創成大学(成美大学、現福知山公立大学)に。短大は2010年には成美大学短期大学部へと生まれ変わった。入学者数の落ち込みなどを受け、運営する学校法人成美学園が閉学の道を選んだ。

 卒業生は累計約8千人。地域住民の健康、福祉基盤を支える栄養士や介護福祉士を、これまでに多数輩出してきたという自負がある。「どんな形になっても、短大部の灯を残したい。蓄積された知識、経験を無駄にしたくない」。そんな思いも強い。

 短大部前学科長の桐村ます美さん、前准教授の足立まり子さん、前成美大学学長の内山昭さんらが、何かできないかと協議。短大部とつながりのあった子育て、障害者、高齢者の各社会福祉法人とも相談し、NPO法人を立ち上げることにした。

 最終的には、卒業生や教員、各団体から20人の有志が結集。NPO法人「ひゅうまんネット北きんき」を立ち上げ、10月2日に府の認可が下りた。理事長には桐村さんが就いた。

 今後は、旧短大部の調理室や食堂などの設備とともに、元教員らの知識を有効活用し、食を通した高齢者サロン▽食育ボランティア事業▽世代やテーマ別の料理教室▽子ども食堂など、多方面の活動に取り組む予定。

 このほか、市内で働く外国人労働者のために、日本語教室も開催する。介護分野で、外国人技能実習生の受け入れが始まることから、「将来的には実習生らも対象にしたい」という。

 理事長の桐村さん(59)=波江=は「みなさんの協力のおかげで、NPO法人を立ち上げることができました。歴史のある校舎や、教員らの知識や経験を生かし、新鮮な気持ちで、活動に取り組んでいきたい」と話している。


写真=調理室などの設備を有効活用する

財布手に「これください」 幼稚園バザーで買い物体験

福知山幼稚園 京都府福知山市岡ノ一町の福知山幼稚園(植村擁子園長、85人)で、恒例のバザーが行われ、全園児がお買い物体験をした。おもちゃやおにぎりなど、どれが良いか品定め。「これください」とお気に入りのものを購入した。

 PTAのバザー委員9人が主体となり、8月から準備を進めて9日に開いた。

 園児のお買い物体験と一般向けのバザーが催され、会場には、保護者が手作りしたおもちゃや菓子、年長組が育てて収穫したサツマイモなどの野菜が並んだ。

 買い物体験の子どもたちは、買い物袋と商品との引き換え券を入れた財布を持ち、ブースの前で目を輝かせて品定め。「どれにしようかな」と悩む園児もおり、気に入った剣などのおもちゃや菓子などを購入した。


写真=お買い物体験をする園児たち

福知山マラソン近づく 水害処理など準備進む

福知山マラソン 第27回福知山マラソン(福知山市、市陸上競技協会など主催)が23日に催される。10月に台風21号の影響でコースの一部が浸水したが、開催が迫り、準備は順調に進められている。

 コースは、京都府福知山市猪崎の三段池公園を出発し、音無瀬橋から市街地へ入り、新音無瀬橋を通って由良川沿いを北上。大江町二箇下で折り返し三段池公園へ戻る。

 10月の浸水は、由良川沿いの一部の府道舞鶴福知山線で発生。安全にランナーが走れるよう、流木の撤去など整備作業が進められた。

 また大会の駐車場として活用する猪崎の由良川河川敷運動広場も冠水したため、8日からショベルカーなどで地面をならす作業をしている。迂回などを啓発する交通規制看板117枚もコースやその周辺に設置された。

■4年ぶりに定員割れ フルに9289人■

 参加の応募は9月6日に締め切り、フルマラソンには9289人がエントリー。大阪マラソン(26日開催)などの影響を受けて4年ぶりに定員1万人を切った。このほかステップランには584人、ファンランには397人が申し込みをした。

写真=コース沿いには交通規制を啓発する看板が立てられた(音無瀬橋近くで)


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ