WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年11月11日のニュース

福知山の発展誓い合う 市制80周年記念式典

市制施行80周年記念式典 京都府福知山市は11日、市制施行80周年記念式典を、猪崎の三段池公園内にある市武道館で開いた。自治会長や市内企業の代表者のほか、国会議員、府議会議員、近隣市町村長ら総勢約450人が出席し、これまでの歩みを振り返るとともに、今後の発展を誓い合った。

 オープニングを飾ったのは、府立工業高校吹奏楽部のマンボウ・ジャズ・バンド。「イット ドント ミーン ア シング」「福知山音頭」の2曲を披露し、大きな拍手を浴びた。

 国歌、市歌斉唱などに続き、大橋一夫市長が登壇。「福知山市は、1937年に府内で2番目の市として誕生しました。当時の人口は約3万3千人でしたが、幾度かの合併を経て、06年には三和町、夜久野町、大江町と合併し、約8万人規模になりました」と、歴史を振り返った。

 また今後について、「観光地域づくりセンターによる観光を切り口とした地域の活性化を進め、来年1月には産業支援センターを開設。さらに京都工芸繊維大学と福知山公立大学を知の拠点とし、地域創生の機能強化などを進め、魅力あるまちづくりにまい進したい」と力強く語った。

 このあと、市の発展に貢献した個人、団体を表彰したり感謝状を贈ったりした。特別功労表彰は、福知山市出身で、12期34年間にわたって衆議院議員を務めた谷垣禎一さん(72)=東京都千代田区=に贈った。

 財務大臣、国土交通大臣、法務大臣などを歴任し、舞鶴若狭自動車道の開通、由良川の治水対策、また福知山駅周辺鉄道高架化事業、国道9号福知山道路の整備に尽力するなど、市の発展に大きく貢献した。

 式典には、谷垣さんの代理で秘書の村上影次さんが出席。大橋市長から表彰状、夜久野産の漆で仕上げたオルゴールを受け取った。続いて6人に功労表彰の表彰状、1人と6団体には感謝状が贈られた。

写真=功労表彰を受けた人たち。このあと1人ずつ表彰状を受け取った(11日午前10時40分ごろ)

「頑張って」 島原市の市長ら被災への見舞金

見舞金 京都府福知山市と姉妹都市提携を結ぶ長崎県島原市の古川六囲沙堋垢繁楝申┝市議会議長が10日に来福。大橋一夫市長らに台風21号災害の見舞金を手渡し、「前向きに頑張ってください」とエールを送った。

 両市は、江戸時代初期に当時の福知山城主だった松平忠房が、肥前島原藩に国替えとなり、島原市に移り住んだ−という歴史的な縁をきっかけに交流が始まり、1983年に姉妹都市の提携をした。

 現在も、文化・スポーツでのつながりのほか、互いの市を市民団体が訪問。14年の8月豪雨災害では「雲仙普賢岳の噴火災害時、お世話になった恩返しに」と、島原市民や市職員が、災害ボランティアとして訪れるなど、温かい交流が続いている。

 古川市長らを出迎えたのは、大橋市長と大谷洋介市議会議長ら。台風21号の被害状況を説明し、「これまでも災害時にお気遣いをいただき、今回もありがとうございます」と、感謝の気持ちを伝えた。

 また古川市長は、福知山市が市制施行80周年を迎えたことにも触れ、「おめでとうございます」と祝福。11日の市制施行80周年記念式典にも、本多市議会議長とともに出席した。


写真=見舞金を手渡す島原市の古川市長(右手前)と本多議長


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ