WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年11月 9日のニュース

台風21号で大野ダム貢献 由良川の水位を低減

大野ダム 台風21号災害の際に、京都府は由良川上流の大野ダム(南丹市美山町樫原)を防災操作し、下流へ流す水の量を最大で4割減少させ、由良川の水位低減に役立てた。

 台風接近に備え、あらかじめダムの貯水位を、最低水位の155メートル近くまで低下させておいた。迎えた台風による流域の総雨量は342ミリで、1962年4月の管理開始以降2番目の多さ。ダムへの最大流入量は1秒あたり1515立方メートルに達した。

 これを洪水時に貯留できる最高水位・サーチャージ水位の175メートル間近までためた。貯留水量は最大で京セラドーム大阪の約16杯分、約1894立方メートルに及び、下流へ流す水の量を1秒あたり643立方メートル(約4割)減らすことができたという。

 また2013年4月から供用開始した京丹波町下山の畑川ダムでも同様の対応をして、京セラドーム大阪0・8個分、約92万立方メートルの水を貯留。下流へ流す量を最大時に1秒あたり12立方メートル(約2割)減らした。

 由良川福知山観測所の水位は、23日午前4時30分に最大の7・39メートルに達した。計画高水位(堤防工事の基準で、その堤防が耐えられる最高の水位)は7・74メートル。大野ダムと福知山市街地(福知山観測所)は約42キロの距離があり、そのまま4割の低減とはならないが、府は「堤防を守るのに十分効果があった」としている。


写真=いっぱいにためていた水を台風通過後に放流する大野ダム(京都府提供)

中高生が台風被災者応援 募金活動やクッキー販売

福知山高校 台風21号で被災した人たちのために役立ててもらおうと、京都府福知山市土師の福知山高校と同高校附属中学校(宮下繁校長)が募金活動に取り組んでいる。8日には、家庭科部(吉田真理部長、8人)が、手作りしたクッキーを校内で販売し、生徒たちが列を作って買い求め、協力した。

 部活動の特色を生かしてできることをと、昼休み時間を利用し、1袋50円で195袋を販売した。

 クッキーは、生地を練り、前日に焼いて、プレーンとココアの2種類作った。文化祭や福知山のスイーツフェスティバルに出品した際にも人気を集めた。

 販売前には、渡り廊下の販売スペースに中学生、高校生がそれぞれ長い列をつくる人気ぶりで、始まるとすぐに売り切れた。

 高校1年生の吉田部長は「自分たちの部活動を通じて、被災した人たちの役に立つことができてうれしい。やってよかったなと思います」と大勢の協力に感謝していた。

 また、生徒会でも10月31日から11月2日まで募金活動を行っており、クッキーの売り上げと合わせて近く市役所へ届けることにしている。


写真=人気を集めた家庭科部のクッキー販売


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ