WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年11月 8日のニュース

平和な世の中にと祈願 様々な宗教10団体が一緒に

祈りのことばを唱和 新旧東西様々な宗教者らで組織する福知山市宗教者懇話会(代表幹事・結城喜徳天理教高安大教会役員)は7日、京都府福知山市西羽合の天理教生福分教会で、第11回世界平和祈願式典を開いた。約80人が出席し、平和な世の中になるよう祈った。

2006年に発足した懇話会は、市内の仏教、キリスト教、神道、新宗教の10団体が賛同し、「祈り・宗教協力・地域貢献」をもとに、平和祈願式典や交流会、公開講演会開催などの活動をしている。

 平和祈願式典は懇話会に所属する寺や教会などが持ち回りで開催。今年は天理教福知山支部(白髭正洋支部長)が担当した。

 第1部の式典では、懇話会を代表して立正佼成会福知山教会の本園雅一教会長があいさつ。「発足当時から世界や日本で人種、人権の問題、環境破壊、教育格差などの問題がたくさんありました。それから11年経った現在も北朝鮮問題や紛争、貧困などがあり、その状況はあまり変わっていません。今回の世界平和祈願式典を通して、今後も私たちが住む地域や社会、世界が明るくなり、世界中の人たちが一人も残さず平和になるよう祈りを捧げたい」と述べた。

 続いて参加者全員で「一人ひとりの真摯な祈りを世界平和実現に向けて家庭や社会・国家、世界に伝え、平和を築いていきます」などとした祈りのことばを唱和した。このあと天理教の教義にのっとり、平和祈願式が行われた。

 続いての第2部では、天理教福知山支部の12人による雅楽の演奏があり、「五常楽急(ごしょうらくのきゅう)」「越殿楽(えてんらく)」など4曲を披露した。


写真=出席者全員で祈りのことばを唱和した

推薦・編入志願者ら大幅増 福知山公立大

 京都府福知山市の福知山公立大学(井口和起学長)2018年度特別入試、編入学試験の志願者が確定した。推薦などの特別入試は、募集人員43人プラス若干名のところに59人、編入学は募集人員7人プラス若干名のところに37人が志願した。17年度は特別入試が43人に対し32人、編入学が7人に19人の志願だったにに比べ大幅に増えた。

 17年度は、合格発表が12月15日と遅かったため、今回は11月27日と早め、募集期間を10月30日から11月2日まで、試験日を11月11日とした。会場は福知山市西小谷ケ丘の同大学。

 特別入試の推薦人員には地域枠と専門学科枠を含めており、地域枠は募集人員20人に対し18人、専門学科枠は4人に対し4人が志願した。

 このほか社会人と私費外国人留学生は各若干名を募り、社会人には2人が志願。私費外国人留学生の志願者はなかった。

 編入学は、2年次編入が若干名のところに6人、3年次編入は7人に対して31人が志願した。

 この状況を受け、同大学事務局では「合格発表を早めたことで一定効果があったと思う。地域枠は17年度から倍の数字になっているが、募集人員には達していないので、今後高校へのヒアリングなどをもとに対策を講じていきたい」という。


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ