WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年11月 2日のニュース

指名手配犯の顔出し看板手作り 福知山署

顔出し看板 京都府福知山市の福知山署(山田健一署長)は1日、地域住民と手作りした指名手配犯広報用の顔出し看板の設置式を同署前でした。制作に協力した大江町の福祉施設、大江作業所の利用者らも参加し、式のあと記念撮影をした。

 指名手配被疑者捜査強化月間(10、11月)に合わせた取り組み。地域住民が指名手配犯への意識を高める機会になればと、大江町の南有路駐在所の菊池司晃巡査長(29)が、同作業所に依頼して看板の制作を企画。10月に菊池巡査長の妻、愛さん(31)が下書きをし、作業所の利用者らが色を塗った。

 設置式には、作業所利用者6人と愛さんらが出席。署員らがビニールを張るなどした看板に、指名手配犯11人の顔写真をみんなで貼り付けて完成させた。

 山田署長は「駐在所員と地域の人とが協力することで、役立つ看板が出来ました。市民のみなさんに見ていただき、犯人の検挙につながればと思います」と話した。

 看板は横約180センチ、縦約90センチの大きさで、逃げる犯人を警察官が追いかけるという構図。警察官の顔の部分はくり抜き、顔を出して写真を撮ることができる。掲示は30日まで。

 両端には昨年、京都北都信用金庫大江町支店が制作した府警本部マスコットキャラクターのポリスまろんとみやこの案山子を立てた。


写真=顔出し看板と制作に関わった人ら

高浜原発、異常時は直接市へ連絡 福知山など4市と関電

高浜原発 京都府福知山市と関西電力は、高浜原発(福井県高浜町)の異常時に、関電から市に直接通報が入るようにすることなど安全確保に関する連絡協定を結んだ。大江地域の一部が原発から約30キロ圏内のUPZ(緊急時防護措置準備区域)にかかっているが、これまでの通報連絡態勢は府を介する形で、関電とやり取りする手段がなかった。

 関電は、高浜町と隣接していないUPZがある市町への連絡は府を介するとの方針だったが、非隣接自治体からは直接連絡などの協定を求める声が上がっていた。

 今回は、高浜町との間に一つの市町を挟む「隣々接」の福知山、宮津、南丹、京丹波4市町と同日付でそれぞれ協定を締結した。「隣々々接」になる伊根町は対象外となっている。

 調印式は10月31日福知山市役所であり、4市町の副市長・副町長、関電原子力事業本部の大塚茂樹副事業本部長らが出席した。

 代表であいさつした福知山市の伊東尚規副市長は「今までなかった直接的な協定」と一定評価した上で、「同じUPZにもかかわらず、行政の位置だけで内容が異なるなど課題はある」と、更なる充実を求めた。

 大塚副事業本部長は「協定を踏まえて、市町のみなさんの安心安全を確保できるようしっかりと運用していきたい」と話した。

 協定書に基づき、放射性物質の漏洩、発電所の故障、計画外の原子炉または発電停止、発電所周辺の環境異常など、非常事態が生じた場合には、関電から市へ速やかに口頭で連絡が入る。

 定期連絡では、発電所建設工事の進ちょく状況、発電所の保守運営状況、環境放射能測定の調査報告の3点を文書で連絡する。


写真=高浜原発(15年4月撮影)に異常があれば、関電から市へ直接連絡が入るようになった



株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ