京都府福知山市の市議会の一般質問が12日にあり、議員が市職員と市立小、中学校教職員の超過勤務について質問。単月の過労死ラインにあたる月100時間を超える超過勤務を、昨年度に1回以上した市職員(市民病院除く)は28人、教職員は44人だった−との答弁があった。議員は「即刻解決すべき」と、長時間勤務の常態化の是正を求めた。



戻る