WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年9月11日のニュース

秋空の下 棚田で120人が稲刈り

棚田の稲刈り 秋晴れとなった10日、「日本の棚田百選」に選ばれている京都府福知山市大江町毛原の棚田で稲刈り体験会が催された。福知山市内や京阪神などから約120人が参加し、秋の実りに感謝しながら鎌を使って丁寧に稲を刈っていった。

 美しい景観の中で自然を満喫してほしいと、地元の有志でつくる毛原の棚田体感ツアー実行委員会(松井美幸委員長)が主催し、6回目になる。

 5月に田植え体験会を行い苗を手植えし、これが実って稲刈りの時期を迎えた。田植えから引き続いて参加する子や保護者が多く、地元の公会堂に集合したあと、近くの田んぼへ移動し、さっそく作業にかかった。稲は酒米の五百万石とコシヒカリで計13アール。軍手をはめ、鎌を手にさくさくと刈っていった。

 参加者のうち40人ほどが子どもで、地元の子も多かった。強い日差しの下、額に汗しながら懸命に手を動かしていた。

 美河小学校2年の今海奏さんと岸本行人君は「稲刈りはとても楽しいです。暑いけれど、頑張れそうです」と笑顔。美鈴小2年の佐藤豊孝君は「去年も参加したけれど、今年はたくさん実っている気がするので、刈るのが大変です」と汗を流していた。

 刈り終えると、コシヒカリの稲は稲木に架けて干した。


写真=秋空の下、稲刈りに汗を流した

学校独自の準備体操で全校に一体感 体育祭で地域に披露

準備体操「NANRYO UP」 京都府福知山市南岡町の南陵中学校(片山哲朗校長、507人)は、6月から学校独自のウォーミングアップ「NANRYO UP」を取り入れている。曲に合わせて約3分30秒、ストレッチや体幹トレーニングなどの動作を行うもので、9日の体育祭で地域の人や保護者に初めて披露した。

同校保健体育科の久保あゆみ教諭(39)が中心となって考案し、あやべ健康プラザ(綾部市)のスポーツインストラクター、山口裕美子さん(36)からアドバイスを受けて5月に完成した。

 合言葉は「笑顔・声・ノリ」。体育の授業だけでなく部活動などにも活用できる。曲は、フォークデュオ・ゆずの「OLA!!」を使っている。

 お披露目は、体育祭開会式の中で行われた。生徒会の古安梨花会長(3年)が「NANRYO UP」の説明をしたあと、全校生徒と教諭で披露。子どもたちの元気で息の合った動きに、会場からは大きな拍手が送られた。

 久保教諭は「全校生徒が共通のウォーミングアップをすることで、一体感が生まれます。苦しいときも、この曲の歌詞にもあるように『きみに会えてよかった』と仲間がいることを思い返してほしい。これが10年、20年続く学校の新たな伝統になれば」と話していた。


写真=南陵中独自の準備体操「NANRYO UP」を運動会でお披露目した


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ