WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年9月 6日のニュース

大樹の秘密基地で遊ぶ 京都府緑化ポスター最優秀賞

緑化運動ポスター 京都府の緑化運動ポスターコンクールで、福知山市の惇明小学校3年、景山結紀奈さんが最優秀賞に選ばれた。

今年は府内の小中学校、高校など150校から1132点の応募があった。

 景山さんの作品は大きな木に、たくさんのカブトムシやセミ、トンボ、鳥たちが集まる様子を描いた。この木は「子どもたちの秘密基地」なのだといい、枝のブランコなどで友だちと楽しく遊ぶ姿も描き込んだ。

 審査員は「配色が美しく、豊かな色から命を謳歌する自然の営みが伝わってくる。鳥と会話する子ども、虫たちが飛び交う画面が人間と自然の共生を効果的に表現している」と講評している。表彰式は2日に府立植物園植物会館(京都市)で行われた。


写真=生き生きとした大樹を描いた景山さんの作品

経常収支比率96.8%に 福知山市決算

 福知山市は2016年度の決算概要を発表した。13年の台風18号、14年の8月豪雨災害復旧がほぼ終わったことなどで、一般会計の規模は大幅に縮小。実質収支(歳入から歳出と翌年度繰越財源を差し引いて算出)はプラス10億4890万円で、45年連続の黒字を確保した。一方で、財政の弾力性を示す経常収支比率は、前年度より3・3ポイント悪化し96・8%。合併後で最も高い数値となり、硬直化がさらに進んだ。一般に90%を超えると「危険水位」とされている。

 一般会計の歳入は、前年度比3・7%減の423億2052万円。前年度からの繰越金が7億701万円減少したうえ、前年度に災害復旧のため国庫から受けた4億7014万円の支出金が無くなったこと、また別の事業で府支出金が4億7766万円減ったことが、大幅な減少の要因となった。

 市税は、個人市民税が給与所得の伸びで増えたほか、特別徴収への切り替えが進むなど納付しやすい環境づくりが功を奏して、収納額が8714万円増加した。

 法人市民税は法人税割の税率改正の影響などで6479万円、固定資産税は地価の下落などで4877万円の減収となった。

 歳出は、4・3%減の410億8911万円。災害復旧費の減少とともに、建設事業の抑制を図ったため投資的経費が23億4043万円減少。合併後で最も少額になったことが、3年ぶりの規模縮小につながった。

 反対に増加した主なものは、昨年度に開学した福知山公立大学への運営費交付金の新規追加で、補助費が3億3547万円、「e−ふくちやま」関連などで繰出金が3億1366万円、臨時福祉給付金を支給した扶助費が2億7274万円増えた。

借金19億減少、貯金も1800万減る 福知山市決算

 福知山市は2016年度決算を発表した。借金となる市債残高は971億7350万円で、市債発行額の抑制などにより、前年度から19億2844万円減少。市民1人あたりでも、交付税で補てんされる分を除き、実質が56万3千円で、1万2千円減った。

 貯金にあたる基金残高は、1888万円減少して109億1396万円。このうち財政調整基金は、前年度の剰余金3億6847万円を積み立てたが、財源不足を補うため一般会計に3億円を繰り入れ、6960万円の増加にとどまり、23億6404万円となった。

 15特別会計は、5会計が黒字、2会計が赤字、収支差引ゼロが8会計となった。簡易水道事業については、水道事業への統合に伴い、昨年度末で廃止。福知山駅周辺土地区画整理事業、河守土地区画整理事業は、未売却保留地がわずかとなったため、閉鎖した。


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ