献花台 観客57人が死傷した京都府の福知山花火大会屋台爆発炎上事故が発生してから、15日で丸4年になる。大会実行委員会(会長・谷村紘一福知山商工会議所会頭、事務局・福知山商工会議所)は10日、事故現場付近の由良川音無瀬橋下流左岸堤防に献花台を設置した。谷村会長ら商議所役員が訪れて、静かに手を合わせた。献花台は21日まで置く。



戻る