田中製紙後継者の山田さん 京都府福知山市は、市内で受け継がれている漆、和紙などの伝統工芸品の製造にかかわる技術や知識を継承するため、後継者の育成に取り組む事業者などに補助金を交付する支援制度を創設した。「伝統文化」の後継者育成にかかわる支援制度の施行は全国でも少ない。第1号は江戸時代から丹後和紙(丹後二俣紙)の製造を続ける大江町二俣一、田中製紙工業所の5代目、田中敏弘さん(55)が対象となった。



戻る