WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年8月 4日のニュース

「復興の証し」のブドウ実る 水害受けた戸田で

戸田ぶどう 2013年の台風18号で甚大な被害を受けた京都府福知山市戸田地区で、住民有志17人が復興の証しにと3年がかりで育てたブドウを、6日から販売する。当時の自治会長で、戸田ぶどう園の福山義朗代表(69)は「水害の際には、多くのボランティアの人に助けていただき、本当に助かりました。感謝の心を込めて育てたブドウです。とれたての新鮮な状態で販売しますので、ぜひ食べてみてください」と話している。

 台風18号の影響で、戸田地区は約90戸が床上浸水。大型農機具が水没したり、泥水が流れ込むなどして田畑も大きなダメージを受け、「農業をやめる人も出るのでは」と懸念される状況だった。

 当時の自治会長だった福山さんは「どうにか住民を元気にすることができないか。自分にできることって何だろう」と自問自答。住民らが復興に向け、前を向いて取り組めることを探していた。

 そんなとき、農家の片岡信幸さん(72)が自家栽培のブドウを持って訪ねてきた。「落ち込んでいる地区の人らに配ってほしい」。この出来事が、ブドウ農園構想のヒントになった。

 大型農機具を必要とせず、棚に実るため水害の影響も少ないという。片岡さんからブドウ栽培の話を聞いているうちに、「これだ」とひらめいた。住民らに声をかけ、復興の証しとして、ブドウ作りに取り組む決意を固めた。

■自治会の土地を開墾 試行錯誤繰り返し■
0803budoa.jpg
 「家に閉じこもらず、外に出て心地よい汗を流そう」。そんな呼びかけに応じたのは、片岡さんを含めた60歳〜70歳代の男女16人。自治会所有の荒廃地20アールを開墾し、「戸田ぶどう園」と名付け、14年の冬に苗を植え付けた。

 片岡さんのほか、府中丹西農業改良普及センターの職員からも指導を受け、試行錯誤して育てていたが、当初は木の育ちが悪かく、一定の大きさに育つまでは、気をもんだと振り返る。

 それからも協力しあって世話を続け、昨年にはメンバーで分配するほどの量が取れ、今年は約2千房が実った。2日に糖度を測ったところ、18度と上々。3年の歳月をかけ、ようやく販売に踏み切ることができた。

 ブドウの種類は「紫玉」「藤みのり」「ピオーネ」「シャインマスカット」「ブラックビート」など。戸田ぶどう園の隣にある直売所で、6日から販売する。場所は戸田橋(現在工事中)南の広域農道沿い。完熟した品種から順に並べる。10月上旬まで。

 6日は午前10時〜正午に販売。それ以降は毎週水曜日と日曜日の同じ時間に販売する。ただし、各日とも完売した段階で終了する。


写真上=苦労が実って大きく育ったブドウ
写真下=戸田ぶどう園のメンバーたち(前列左から2人目が福山代表、3人目が片岡さん)

児童が給食センターで調理に挑戦

0802tyarenji.jpg 京都府福知山市厚中問屋町の市学校給食センターで、夏休みチャレンジクッキングが1日に開かれた。センターから配送している小学校の5、6年生を対象に公募し、集まった児童らが炒め物やみそ汁、デザートづくりなどに取り組んだ。市学校給食会主催。

 児童の食に対する興味や関心を深めることなどを目的に昨年からこの催しをしている。今年は、今が旬の身近な夏野菜を使った料理を作ろうと、旧成美大学短期大学部と日新中学校の生徒が考案した「朝食レシピ集」の中からメニューを選んだ。

 参加した児童16人は4班に分かれ、市内の小中学校所属の栄養教諭からレシピの説明などを聞いたあと、ナスとピーマンの豚肉炒め、実だくさんみそ汁、ヨーグルトドリンク、ラップおにぎりを協力して作った。各班に1人栄養教諭がついて指導した。

 家でも料理を手伝ったりするという昭和小5年の高見煌生君と伊達悠大君の2人は「楽しかったです。今日の料理の作り方も覚えたので、家でも作ってみたいです」と話していた。

 昼食は自分たちで作った料理を食べ、交流を楽しんだあと片付けもした。


写真=児童が協力して調理した

女子野球:全国高校選手権 スクイズ決めた埼玉栄が優勝

胴上げされる蛭田主将 第21回全国高校女子硬式野球選手権大会の決勝戦が3日、兵庫県丹波市市島町のスポーツピアいちじまで行われた。春の選抜大会決勝と同じ対戦カードとなり、埼玉栄(埼玉県)が選抜優勝校・履正社(大阪府)を1−0で破り、2年ぶり7回目の優勝を飾った。履正社は、創部4年目で選手権初優勝をめざしたが、あと一歩及ばなかった。

 丹波市、全国高校女子硬式野球連盟主催。両丹日日新聞社など後援。

履正社
 000 000 0=0
 000 100 x=1
埼玉栄
 【履】石村−香川
 【埼】藤田、広瀬−池田

 〇…埼玉栄は3回まで無安打に抑えられていたが、4回裏、2安打と四球で1死満塁の好機を作り、6番藤田がスクイズを成功させ、均衡を破った。埼玉栄が放った安打は、この回の2本だけだったが、ワンチャンスをものにした。
 履正社は、何度も得点圏に走者を進めながらあと一本が出ず、春夏連覇はならなかった。

 埼玉栄の蛭田菜月主将は「選抜決勝と同じような試合で、不安がありましたが、勝負どころでスクイズを決めることができました。春の悔しさをバネに大会を通じて戦えました」と全国制覇を喜んだ。

 斎藤賢明監督(60)は「選手はよく頑張った。選抜で負けているのでリベンジができて良かった」と選手をたたえた。

■26チーム全力出し切る■

 出場校の少なかった初期はインターハイ予選を終えたソフトボール部がボールを持ち替えて参加していた。予選リーグ戦と決勝トーナメント戦をしていた時期もあった。それでも旧市島町、合併後の丹波市をはじめ、京都府福知山市など近隣地域の野球関係者、全国の女子野球支援者ら多くの人たちが盛り立て、少しずつ大会の存在が知られるようになってきた。

 近年は女子野球部の創設が相次ぎ、今年は女子野球部がない学校の選手らでつくる連合丹波チームを含む北海道から九州までの26チームが出場。7月28日から丹波市内2球場でトーナメント戦を繰り広げてきた。締まった試合が多く、決勝戦も、互いに譲らず、力の入った試合になった「女子の甲子園」。集まった26チームみんなが、うれし涙、悔し涙を流した後は、全力を出し切った者の笑顔で丹波の夏を終えた。


写真=全国制覇し胴上げされる蛭田主将


全力で戦った選手たちを称えて出場校を再掲。

叡明(埼玉県)
大阪体育大学浪商(大阪府)
折尾愛真(福岡県)
開志学園(新潟県)
蒲田女子(東京都)
神村学園高等部(鹿児島県)
岐阜第一(岐阜県)
福知山成美(京都府)
京都外大西(京都府)
京都両洋(京都府)
神戸弘陵学園(兵庫県)
駒沢学園女子(東京都)
埼玉栄(埼玉県)
佐伯(広島県)
作新学院(栃木県)
札幌新陽(北海道)
至学館(愛知県)
秀明八千代(千葉県)
日南学園(宮崎県)
花咲徳栄(埼玉県)
福井工業大学附属福井(福井県)
村田女子(東京都)
室戸(高知県)
横浜隼人(神奈川県)
履正社(大阪府)
連合丹波


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ