WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年8月 1日のニュース

池一面が鮮やかな緑色に 自生のヒシで

ヒシ 京都府福知山市筈巻の農業用ため池「中ノ森池」の一面に、一年草の水草「ヒシ」がびっしりと生え、鮮やかな緑色で覆われている。地元住民は「ここまで一面に鮮やかに生えるのは近年ではない」と目を細める。

 ヒシは池や沼に生え、茎は細長く、泥水中を伸びる。秋にトゲのある固い実がなり、食べることができる。この池では古くからヒシが生えていたが、4年前に、改修工事をするため水を全部抜いた。

 この年に工事は完了し、翌年からヒシが自生し始め、今年は池一面に広がった。地元の70歳代の男性は「ヒシの実は滋養強壮などによいとされ、過去にはこの池のものを食べる催しをしたことがあります。今年も、そのような話になるかもしれないですね」と話している。


写真=池一面にびっしりと生えたヒシ

高齢者の買い物支援に町内会がバスと荷物運搬車

買い物支援バス 京都府福知山市三和町芦渕で、自治会(町内会)がバスを用意し、住民が町外の商業施設へ出かける「買い物支援バス」が31日に運行された。車を持たない人、一人暮らしのお年寄りらが利用し、知人らとともに和気あいあいと買い物などを楽しんだ。

 少子高齢化が進むなか、芦渕地区では「ひとりでは行くのが難しい大型スーパーへ買い物に行きたい」という住民の希望があがっていた。これを地元の民生委員が自治会といきいきサロンに話を持ちかけ、実現へ向けて昨年の秋から3者で準備を進めてきた。

 荷物運び用の普通自動車の確保、バスの手配などを自治会が担当し、参加者のサポートをサロンと民生委員が受け持つことにした。

 買い物バスには希望した72歳から83歳の高齢者14人が乗り、スタッフ3人とともに市街地の飲食店で昼食を楽しんだあと、多保市のプラント3福知山店で買い物をした。

 買ったものは、バスや自動車で参加者の自宅近くまで運ばれるため、中には買い物袋3袋以上も日用品を買い込む人もいた。

 参加した大崎きぬ江さん(80)は、「(今は運転免許を持っているが)いつ車に乗れんようになるか分からんので、こういうのが定着したらいいなぁ」と期待していた。

 西岡隆自治会長は「自主財源だけでの継続は難しいのが現状。これからも続けていくために、何らかの支援を受けられる方法を模索していきたい」と話していた。


写真=買い物を終えて笑顔でバスに戻る参加者

女子野球:全国高校選手権 4強決まる

 兵庫県丹波市で開かれている第21回全国高校女子硬式野球選手権大会は31日、スポーツピアいちじまで準々決勝4試合が行われ、福知山成美(京都府)、履正社(大阪府)、埼玉栄(埼玉県)、開志学園(新潟県)が2日の準決勝に進んだ。

 福知山成美は村田女子(東京都)に快勝し、2日の午前10時から同球場で、選抜大会優勝校の履正社と戦う。1日は休養日。

〇準々決勝〇
 
村田女子
 000 000 0=0
 100 203 x=6
福知山成美
 【村】佐藤、保坂、内藤―齋田
 【福】大野、大迫―増井、長井

京都外大西
 000 011 02=4
 000 110 03x=5
履正社
 【京】鈴木―野下
 【履】石村、松島―香川

蒲田女子
 101 000 0=2
 000 003 x=3
埼玉栄
 【蒲】津田、杉本―岩淵
 【埼】石垣、藤田―池田

開志学園
 001 200 0=3
 000 200 0=2
花咲徳栄
 【開】鈴木理―金満
 【花】神保、姫野―竹本、新井


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ