WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年7月11日のニュース

悲運の機関車DD54(3) 運用中に部品交換

DD54 車両トラブルが続発し、十分な活躍が出来なかった悲運の旧国鉄のDD54形ディーゼル機関車。京都府福知山市の福知山機関区で検査係に従事していた大地洋次郎さん(76)=福知山市厚中問屋町=は、DD54の検査にもよく携わった。

 DD54はエンジンとトルクコンバーター以外の動力台車やブレーキシステムなどの足回りは、日本の技術で造り上げていた。エンジンは旧西ドイツの精緻な技術を駆使して造られていて、複雑な構造だっただけに保守、点検にはてこずった。「長い時間がかかったことを覚えています」と大地さん。「実際に運用中のDD54に乗車して点検したことがあり、途中で部品を取り換えたこともあります」と当時を振り返る。

 大きなトラブルもあった。68年には客車をけん引し、山陰線の鳥取−湖山間を走行中、変速機から車輪に動力を伝える推進軸が破損したことで脱線した。

 このようなトラブルが続いて全車両の廃車が決まり、最後に残った1両が搬出される際には、最後の点検を大地さんが2日間かけて念入りに行った。大地さんは「嫁に出すような感じだった」と懐かしむ。

■京都鉄道博物館では0系新幹線の横に■

 現在DD54−33は、京都市の京都鉄道博物館内にあるプラットホームをイメージしたプロムナードに展示。0系新幹線のすぐ横に置かれている。
0708ob.jpg
 見に訪れた塩見さんは「走っていた当時は油まみれの車体だったけど、きれいな状態になっていました。思い出に残るディーゼル機関車です」。足立さんは「運転席もきれいでした。今でも走り出しそうで、力強い感じがしました」と言う。大地さんは「車体のオレンジ色が鮮やかで、懐かしく思わずナンバープレートをなでました」と語る。

 機関車の動力を蒸気からディーゼルに変える「無煙化」に貢献したDD54。短命に終わったが、廃車後は長く関係者の心の中に、力強く走る姿が残っている。
(終わり)


写真上=福知山機関区で検査係として勤務していたころの大地さん。DD54の保守、点検にも力を注いだ(77年9月)
写真下=DD54の写真を見て懐かしむ3人(左から大地さん、塩見さん、足立さん)

ご当地アイドル「ハピ3」が1周年ライブ

Happy3days 京都府福知山市のご当地アイドル、Happy3days(ハッピースリーデイズ)のデビュー1周年記念ライブが9日、東堀の福知山サンホテルであった。ファンら100人の熱い声援を受け、5人のメンバーたちはステージで熱唱。更なる飛躍を誓い合った。

 ハッピースリーデイズはオーディションを経て、昨年4月に結成。6月に初ライブを催した。メンバー5人は現在17〜20歳。CDも出している。

 1周年ライブではオープニングで京都を拠点に活動する歌手、柳瀬蓉さんが舞台に立ち、自身の曲を歌うとともに、ハッピースリーデイズとの歌も聞かせた。

 このあと5人のステージとなり、オリジナルの「始まりの街」、ご当地ソング「Are You Happy?」、新曲の「Time」などを披露した。5人は初期のころの衣装のTシャツ、ショートパンツ姿で登場。華麗なダンスも見せた。

 曲の途中では、5人が1周年を迎えての思いを発表。「ファンやスタッフの力や応援で今がある」「ファンの人たちの背中を押せるようなアイドルになりたい」「もっと上をめざし、全国に福知山をPRしたい」などと元気にアピールした。


写真=たくさんのファンの前で歌うハッピースリーデイズ

細川元首相が土師のバイオマス発電所視察

説明を聞く細川護熙さん 元内閣総理大臣で一般社団法人自然エネルギー推進会議代表理事の細川護熙さんが10日、三恵観光(杉本潤明社長)のグループ会社・三恵エナジーが手がける京都府福知山市土師の三恵福知山バイオマス発電所を視察した。

 同発電所は、日本初の植物性の非食用パーム油を燃料にするバイオマス発電施設で、6月30日から稼働している。

 約1800平方メートルの敷地に延べ床面積約350平方メートルの施設を設け、同程度の太陽光発電施設と比べて6倍以上の発電量が見込めるという。

 三恵エナジー、施設メンテナンスなどの協力会社の約20人が細川代表理事を迎え、施設を案内した。

 施設を見て回った細川代表理事は「施設規模に対しての発電量の大きさがすごい。大変可能性があり面白い」と話していた。


写真=施設についての説明を聞く細川代表理事(右から3人目)


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ