WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年7月10日のニュース

悲運の機関車DD54(2) トラブル続きで次々解体

最後の1両となったDD54−33 車両トラブルが続発し、十分な活躍が出来なかった悲運の旧国鉄のDD54形ディーゼル機関車。1967年から2年間、京都府福知山市の福知山鉄道管理局車務課で輸送関係の業務に就いていた塩見敬一郎さん(80)=綾部市高津町=は、トラブル続きで運用に悩まされた。「故障すると、米子・天王寺鉄道管理局などから福知山へ機関車を借りてきたこともありました」と話す。代役でD51などの蒸気機関車が使われたこともあったという。

 68年には福井国体開催に合わせ、豊岡−京都間でお召列車をけん引。通常は1両で引っ張るが、トラブルで動かなくなった時のために2両で運行した。

 「40両造られましたが、最終期でまともに動いたのは15両で、運用には本当に苦労しました」と塩見さんは語る。

■最後の1両 みんなで見送る■

 故障などが頻発していたことから、76年から78年にかけて全車両が廃車となり、次々と解体された。

 最後に残った1両は福知山機関区に置かれていたDD54−33。廃車後は大阪府大阪市にあった交通科学博物館での展示が決まり、84年1月に搬出される際には「さようならDD54 33号」などと記された記念のプレートを掲げ、職員らが見送った。
(つづく)

写真上=福知山機関区で最後の1両となったDD54−33(84年1月、大地洋次郎さん撮影)

小学・中学・高校で合同クリーン作戦

クリーン作戦 京都府福知山市大江町の小学校、中学校、高校の児童生徒がクリーン作戦と銘打ち、町内各所で6日に清掃活動をした。小中高連携の取り組みで、力を合わせ地域の美化に努めた。

 毎年実施しており、今年も大江高と大江中は合同で取り組んだ。大江高は130人、大江中は92人が参加。高校、中学校周辺や京都丹後鉄道・大江駅など6コースに分かれ、道沿いの空き缶、たばこの吸い殻などを拾っていった。

 高校生が中学生を誘導しながら、草むらの中に落ちている小さなごみも見逃さず集めた。

 美鈴、有仁両小学校の児童たちは、学校周辺で清掃活動をした。美河小は後日行うことにしている。

 クリーン作戦に合わせて花いっぱい運動にも取り組み、綾部高校由良川キャンパス(東分校)から購入したサルビアやマリーゴールドなどの花苗を高校生と中学生がプランターに移植し、3つの小学校や大江駅などに配った。

 大江高生徒会の西田玲奈会長(3年)と杉山誠和副会長(同)は「普段は中学生らと交流する機会が少ないので、合同で活動すると絆が出来ます。これからも続いてほしい」と話していた。

 大江中の太田悠暉生徒会長(3年)は「高校生には優しく教えてもらえました。今回の活動で、さらに交流を深めるきっかけになれば」と期待している。


写真=協力してごみ拾いをする高校生と中学生


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ