WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年7月 7日のニュース

農家と地域に元気を 地元女性らが小牧に無人野菜市

0707ebosi.jpg
 京都府福知山市上豊富地区の小牧の府道沿いに、無人野菜市「えぼしの里」がこのほどオープンした。基本的に毎日開き、早朝に収穫した新鮮な野菜を並べている。農家にとっては日々の作業の張り合いとなり、消費者にとっては格安で購入できる場所となっているため、喜ばれている。

 えぼしの里は、6月20日から始めた。代表の安達須美子さん(77)ら小牧の女性5人が立ち上げ、地元の農家たちも持ってくることができるようにしている。
 
 1袋100円で販売。自分たちが食べる分以外の野菜を置き、販売できる場所があることが、農作業の励みや今後の意欲につながっている。購入者にも「みずみずしくておいしい」と好評を得ているという。
 
 販売所は、地元の人が建てた手づくりのものを使っている。今の時期は、トマトやキュウリ、ジャガイモ、トウモロコシ、ナス、カボチャなど、夏野菜が中心に並ぶ。ズッキーニやサラダレタスなどには、レシピも添えている。
 
 立ち上げたメンバーたちは「地道に長く続けていくことで、農家が元気になり、地域の活性化などにつながるとうれしいですね。ぜひお立ち寄りください」と話していた。
 
 時間は、午前7時30分から夕方ごろまでとしているが、野菜がなくなり次第終了となる。
 
 場所は、市街地方面から向かうと、府道526号(談夜久野線)のゆずりトンネル手前1キロほどのところの道路沿い。
 
 
写真=無人野菜市「えぼしの里」と立ち上げた女性たち

園児ら700人が願い短冊に 福知山駅に七夕飾り

0707tanabata.jpg
 きょう7日は七夕−。京都府のJR福知山駅コンコースには、地元の幼稚園と保育園の園児ら約700人が色とりどりの短冊に願い事を書いた七夕飾り8本が展示され、鉄道利用者らの目を引いている。

 利用者らに季節を感じてもらおうと、JR福知山駅の取り組みとして毎年続けている。若手社員8人が中心になって笹を準備。土師、さくら、丹陽、わかば、さつきの各保育園と、昭和、福知山両幼稚園、くりのみ園(市子ども発達支援相談ステーション)に、6月中旬に短冊を届け、夢や希望を書いてもらった。
 
 短冊には「おひめさまになりたい」「ピアノが上手になりますように」「アンパンマンにあえますように」「まほうつかいプリキュアになる」「おいしゃさんになりたい」などといろいろな思いが書かれ、立ち止まって楽しそうに眺める人もいる。
 
 壁面には、星型の画用紙をいっぱい散りばめて天の川を演出。星の中には一般の人たちが「家族みんなが健康で幸せでありますように」「大切な人ができて結婚できますように」「定期テストでいい点がとれますように」などと願い事を書いている。
 
9日に初のまつり
 
 9日にはコンコースで初めての七夕まつりを開く。スーパーボールすくい、ヨーヨーつり、駅長の帽子を作るペーパークラフトコーナーなどを設ける。数に限りがあるが、すべて無料で楽しめる。時間は午前10時から午後2時まで。
 
 就任したばかりの谷口博之駅長は「地元の保育園や幼稚園などの協力と若い社員の努力で、七夕ムードがいっぱいのコーナーができました。地域に一層愛される駅づくりをめざしていきます。七夕まつりにも気軽にお越しください」と話し、盛りあがりを期待している。
 
 
写真=願い事が書かれた短冊を下げた七夕飾りが並ぶコンコース


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ