WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年7月 1日のニュース

国内初のパーム油発電稼働 太陽光の6倍試算

バイオマス発電所 京都府福知山市東堀、三恵観光(杉本潤明社長)のグループ会社、三恵エナジー(本社・大阪市中央区、同社長)は6月30日、日本初の植物性の非食用パーム油を燃料にする高圧のバイオマス発電施設「三恵福知山バイオマス発電所」を福知山市土師の国道9号沿いで稼働させた。

■カーボン・ニュートラルで地球温暖化防止■

 地球温暖化防止への観点を盛り込みながら、施設規模が同程度の太陽光発電と比べて6倍以上の発電量が見込めると試算し、再生可能エネルギーの未来モデルにと力を込める。

 約1800平方メートルの自社所有地に、発電機室、燃料棟などプレハブ型施設、延べ床面積合わせて約350平方メートルを建てた。発電機は3台置き、うち2台が24時間稼働する。メンテナンスや調整時に予備機と切り替えて切れ目なく発電する。総事業費は約5億円。

 燃料のパーム油は東南アジアのマレーシア、インドネシアで調達ルートを確保して事業基盤を固めた。天候や日照条件の影響を受けない安定供給が利点。出力1760キロワットで年間発電量は一般家庭約2600世帯分相当になるという。再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)で関西電力に全量販売することで採算性を高める。

 パーム油も、燃やせば他の燃料と同じく二酸化炭素が発生するが、植物成長時の光合成による吸収と合わせると大気中の二酸化炭素の増減はないという「カーボン・ニュートラル」の視点で、地球温暖化防止に寄与する。
0701sankei.jpg
 30日に現地で竣工式を開き、協力会社や施工業者を含め関係者約40人が出席して門出を祝った。

 杉本社長(42)は「環境に配慮しながら、少ない土地と設備で大きな効果が期待できる。初めての試みで、ここを実験場として、更なる改良へとつなげていきたい」と話す。

 今後は自社施設の増加とともに、他社のパーム油発電事業参入のコンサルタント業務にも取り組み、普及率アップをめざす。


写真上=コンパクトな発電機室
写真下=テープカットをして門出を祝った

福知山マラソン:ボランティア1千人募集

市民ボランティア 福知山マラソン実行委員会は、11月23日に京都府福知山市内のコースで開く第27回福知山マラソンのボランティアスタッフとメディカルランナーを募っている。

 これまでからスタッフやボランティアらによる温かいもてなしが、全国から訪れる1万人ランナーたちに好評を得ている。

 ボランティアスタッフは先着順に1千人を9月22日まで募る。活動日は、大会前日の11月22日午後1時から5時までと、当日の午前7時から午後5時まで。22日は選手受付係など。23日は選手受付、走路監察、給水、会場警備などの係を担う。

 対象は小学生以上で、小中学生は保護者(責任者)同伴で申し込む。高校生は保護者の許可がいる。ジャンパー、帽子、ハンドブックなどのスタッフ用物品と弁当が支給される。

 希望者は市役所と市3支所、市民体育館、三段池公園総合体育館などに置いてある申込用紙で。申込用紙は大会公式サイトからダウンロードもできる。メールやファクスでの申し込みも可能。問い合わせは同事務局=電話(24)3031、ファクス(23)6537=へ。

■メディカルランナーも■

 より安全、安心な大会運営をめざし、レース中に他のランナーの健康上重大な事象に遭遇した場合、初期対応にあたるメディカルランナーを今大会も募集する。

 医師、看護師、救急救命士の資格を持ち、マラソンに一般参加する人が対象。希望者は同事務局にメディカルランナー登録票を請求するか大会公式サイトからダウンロードし、必要事項を記入して10月31日までに同事務局へ提出する。大会当日の申し込みも可能。


写真=毎回大勢の市民ボランティアが活躍している


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ