地域紙交流会 都道府県より狭い市町村地域を主な取材エリアとする全国各地の地域新聞社が17、18両日、京都府綾部市に集まり、「第15回全国地域紙交流会in綾部」が開かれた。両丹日日新聞社を含め、24道府県の39社が出席。各新聞社の担当者が、購読、広告収入の維持拡大、本業以外での収益事業などについて事例発表や提案をし、今後の地域紙のあり方について、ともに考えた。



戻る