WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年4月19日のニュース

シバザクラの名所がシカの食害で維持断念

一部残ったシバザクラが咲く 京都府福知山市長尾の国道176号沿いでシバザクラを育てる住民グループ「花の郷長尾」(小高数眞代表)は、長年続けてきた維持、管理を今年でやめる決断をした。近年、シカによる食害で花の付きが悪くなったうえ、メンバーの高齢化で世話が出来にくくなったためで、小高代表(70)らは「わたしたちの力ではどうしても管理できなくなりました。本当に残念です」と肩を落とす。

■「福知山花の十景」返上■

 地区の玄関口を花で美しくしようと、01年に集落に向かう南側入り口付近の平地と斜面の約1・7討縫轡丱競ラを植栽したのが始まり。その後エリアを広げ、1万株ほどに増やしてきた。

 毎年4月中ごろに開花。「福知山花の十景」にも選ばれ、市内外から多くの人たちが見に訪れて、シバザクラの名所となっていた。

 シカの食害は以前からあったが、ひどくなったのは昨年から。植栽地の周りに電気柵などを設けているものの、今年は冬の豪雪の影響で柵が壊れ、3月ごろにシカが侵入し、新芽を食べ荒らした。

 斜面の植栽地は、シカが上り下りして株が掘り起こされ、土がむき出しになっている所もある。
0419syamen.jpg
 またグループのメンバーの高齢化が進み、草刈りや苗栽培、植栽などの維持・管理作業が難しくなってきた。このためグループ内で話し合い、今年で管理をやめることを決めた。美しい景観を保つことが出来なくなるため、福知山市などに、花の十景からはずしてもらうよう要請した。

 新しく管理してもらえる団体などがあれば、続けてほしいと願っているが、グループでは、平地の部分だけでも自分たちで細々と植栽などをしていくことが出来ないか模索している。

 小高代表は「観光バスが立ち寄ったこともあり、これまでたくさんの人たちに見に来ていただきましたので、管理を終えるのは残念でなりません。どなたか続けてやろうという方がおられるとありがたいです」と話している。


写真上=例年だと全面ピンクに染まるが、今年は一部残ったシバザクラが咲くだけに
写真下=斜面の一部はシカが侵入して、土がむき出しになっている所がある

羽毛まで精巧に 木彫りの鳥展

木彫りの鳥 京都府福知山市千束の三和会館で、野鳥の木彫り作品展が開かれている。宮津市宮村の中江弘之さん(65)の作品で、羽毛の一本一本まで精巧に彫られた鳥約80点が並び、訪れた人らがじっくりと見入っている。21日までで、展示時間は午前8時30分から午後5時(最終日は午前10時)まで。

 中江さんは木片から鳥を彫り出して作るバードカービングが趣味。定年退職を期に本格的に取り組み始めた。三和会館内にある三和地域公民館の樋口正明館長と知り合いだったことから、初めて福知山で展示会を開くことになった。

 木片のブロックから専用の電動グラインダーを使ってほぼ実物大の大きさで削り出し、銅線の足を付け、ガラス眼をくっつけて仕上げる。木の質感を生かそうと、彩色をしていないものが多い。

 オオコノハズク、メンフクロウ、チョウゲンボウ、ハチドリ、ツバメといった鳥を並べたほか、色を塗ったヨシガモ、マガモなどのデコイ(狩猟で使うおとり用の模型)もある。

 中江さんは「木の温かみを持った野鳥を、一人でも多くの人に見てもらえたらうれしい」と話す。

 会場では、中江さんが撮影した野鳥の写真も展示している。会館は市役所三和支所の裏の道を京都方面に少し進んだ所にある。


写真=羽毛まで丁寧に彫られた木の鳥が並ぶ


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ