WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年4月 5日のニュース

e−ふくちやま民営化で市役所に相談窓口

 テレビ難視聴地域対策と市内全体のインターネット環境向上を目的とした「e−ふくちやま」事業の民営化に伴い、京都府福知山市は庁舎1階に専用の相談窓口を開設した。

 e−ふくちやま事業は、情報格差を是正するため、2006年の1市3町合併を機に、総事業費46億4千万円をかけ、テレビ難視聴地域の市周辺部に光ファイバー網などを整備し、テレビ放送の再送信とインターネット接続サービスを実施してきた。電波の状態が悪い地域でテレビが受信できるようになるサービスは、12年度末で4608世帯、インターネットは856世帯が加入していた。

 もともとは「民間事業者が乗り出さない地域にもブロードバンドを」と計画をスタートさせたものの、市が光回線を敷設したころには民間事業者が参入をはじめ、利用者は伸び悩んだ。慢性的に大幅な赤字を計上。施設機器の更新に膨大な費用がかかるため、市は対応を検討した結果、14年度に民営化の方針を決定した。

 その後、ケイ・オプティコム(大阪市)と基本協定を締結。現在は光ファイバー網などの整備を進めており、完了した地域から順次、移行の申し込みを受け付ける。18年度末には、市のサービスが終了するため、それまでに全対象地域の移行を完了させる。

 民営化後の利用料は、テレビが税別月額1480円(現行500円)、インターネット基本料が4667円(同4444円)。いずれも初期費用はいらず、セットで申し込めば割安になるプランもある。

 また移行期間中については、テレビのみのコースを現行と同じ500円にする措置もあるため、移行した日によって不公平感が出ないよう配慮。差額は市が負担するという。

 今後は、サービスの円滑な移行を図るため、5月以降にケイ・オプティコムが、申し込みの受け付けを兼ね、利用者向け説明会を各地で開催。また各支所にも、7月に相談窓口を設置する。

 相談窓口の設置とサービスの受け付け開始に合わせ、4日に庁舎前でセレモニーが開かれた。大橋一夫市長とケイ・オプティコムの藤野隆雄社長、来賓の田中法男・市議会議長がテープカット。円滑な移行を願うとともに、民営化のスタートを祝った。


写真=さっそく住民が相談に訪れている

【関連ニュース】

スタート前から難航したe-ふくちやま

 ・「e−ふくちやま」着手できず 難視聴個人負担の問題で

 ・テレビ難視聴対策関係条例改正案を否決

早々に赤字

 ・赤字かさむ市の光回線「e−ふくちやま」

民営化が決まる

 ・e−ふくちやま 民営化が妥当と判断

 ・市の光回線民営化に説明会で不満の声続出

 ・福知山市の光ファイバー網 ケイ・オプティコムに事業譲渡

縞模様の一部が無いギフチョウ羽化

異常型のギフチョウ(左)と通常のチョウ 自宅でギフチョウを羽化させている京都府福知山市厚中問屋町の大地洋次郎さん(76)方で、羽の黒い縞模様が一部無い個体が見つかった。長年飼育する大地さんは「こんなのは初めて」と驚いている。

 ギフチョウは環境省のレッドリストで、絶滅の危険が増している絶滅危惧粁爐忙慊蠅気譴討い襦1を広げた大きさは7センチほどで、羽は黄色と黒色の縞模様で、赤、青、オレンジの紋が入っている。

 大地さんは自宅でギフチョウの飼育を始めて今年で28年になる。今春は3月19日に羽化がスタート。次々と成虫となる中、4月1日に羽化した雌1匹の羽の模様がおかしいことに気が付いた。

 3月まで南山大学教授だった日本鱗翅(りんし)学会の江田信豊・東海支部長(65)によると、羽の付け根から2番目の「第2黒条」の下部が無い異常型だという。通常の成虫と比べ、羽中央の黄色い部分がよく目立つが、元気で菜の花やサクラソウに止まっては蜜を吸っている。

 江田さんは「異常型はいろいろありますが、大変珍しいケースで、遺伝子に異常を起こしたものと思われます」との見解を示す。

 大地さんは「これまで約1万5千匹のチョウが羽化しましたが、初めて見る個体だったので、目を疑いました」と言う。ギフチョウのほか、国蝶のオオムラサキも飼育しているが、昨年は通常は夏にある羽化が、初冬の11月終わりにも見られた。

 異常型のギフチョウについては標本にすることも考えている。


写真=羽中央の黄色い部分がよく目立つ異常型のギフチョウ(左)と通常のチョウ


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ