WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年3月18日のニュース

行燈で風情ある門前町を再現 内宮マルシェ

 京都府福知山市大江町内宮で26日午前10時から、手作り市の第3回元伊勢内宮参道マルシェが催される。今年は主催の大江元気プロジェクトが、会場となる元伊勢内宮皇大神社参道沿いの各民家に手作りの行燈(あんどん)を取り付け、昔の風情ある門前町の街並みを再現する。内宮まちおこし会と大江地域観光案内倶楽部協賛、両丹日日新聞社など後援。

 内宮神社の階段上り口から府道に向けての道は、江戸時代ごろから門前町として栄え、約500メートル区間に旅館や道具屋、たばこ屋などが軒を連ねた。現在は店舗を構えるところは無く、民家となっている。

 マルシェは、かつて繁栄した門前町のにぎわいを取り戻そうと、2015年に初めて開催し、昨年は約5千人が訪れた。

 参道沿いに旅館などがあったころは、店先に明かりがともされたとみられることから、かつての街並みをよみがえらそうと、行燈を家々の軒先に取り付ける。

 行燈は竹製で、元気プロジェクトのメンバーやボランティアらが約80個を製作する。内宮に竹籠工房を構える佐藤昇さん(68)が試作した四角柱と、メンバーが考案した筒形で、両方とも二俣の田中製紙工業所で漉(す)かれた和紙を貼る。

 和紙には、「いづみや」「宮津屋」など、行燈を付ける予定の家の屋号を記すほか、花などの絵も描いている。

■飲食など96店舗が出店予定■

 マルシェ当日は飲食や手作り品などの96店舗が出店する。午後3時までで、雨天決行。内宮神社や天岩戸神社などを巡る「運気アゲアゲスポットツアー」も午前10時30分からと午後1時30分からの2回行う。無料。

 プロジェクトの河口珠輝代表(54)は「行燈に屋号を示すことで、こんな店があったということを知ってもらえればうれしい。地元の人たちにも、かつての街並みを思い浮かべてほしい」と話している。

 プロジェクトでは、行燈はマルシェの時だけでなく、地元の祭りや初詣の人たちでにぎわう正月の時などにも掲げてもらえたら、と願っている。


写真=マルシェで掲げる行燈の具合をみる佐藤さん(手前)

福知山市の事業棚卸し 新年度は390事業

0318gyokaku.jpg 京都府福知山市の市行政改革推進委員会(上村敏之委員長、5人)の第4回会合が、駅前町の市民交流プラザで17日に開かれた。今年度から実施している事業棚卸しについて、市の担当課から新年度のスケジュール、進め方などの説明を受けた。

 大橋一夫市長の選挙公約でもある棚卸しは、事業の無駄を省いて効率的、効果的なものに作り変えるのが目的。今年度は101事業を対象に取り組んだ。

 外部有識者らで組織する行革推進委を中心に、新年度も継続する予定で、4月の後半から着手。8月末ごろには、公開事業検証も行い、2018年度予算に反映させていく。

 新年度は、棚卸しの研修を受けた若手職員、特別参与や行革担当課、行革推進委員らの3グループ、また公開事業検証にも事業を振り分け、合計で390事業を対象にする予定という。

 このほか会合では、今年度の棚卸しを受け、対象事業の新年度予算への反映状況も説明。委員から「事業を廃止した理由を説明する資料が必要」「棚卸しを実施した事業については、効果の測定にも取り組むべきだ」といった意見が出された。


写真=新年度のスケジュールなどを確認した

まちを華やかに彩る最後の「雛荒らし」

 月遅れで雛(ひな)祭りを祝う、京都府福知山市の古くからの風習にちなんだ「第15回ふくちの春は雛荒らし」が、20日から市街地の商店街などで開かれる。城下町を考える会(大谷勇世話人代表)が長年主催してきたが、今回が最後となる。4月2日まで。

 手作りやさまざまな年代のものなど、華やかな雛飾りが、市街地の多くの商店などに並べられ、まちを彩る。

 内記一丁目の市丹波生活衣館では、キリっとした顔つきの享保雛から控えめな色合いの着物が特徴的な平成の雛段など7組を置いている。つるし雛や繭雛などもある。入館無料。開館時間は午前9時から午後5時まで。火曜休館。

 また、今回は東中ノ町の薬の博物館「祥風館」でも4月1、2両日の午前10時から午後4時まで、初めて展示する。

 期間中の4月1、2両日の午前10時から午後4時までは、福知山お城まつりに協賛し、抽選で景品がもらえるスタンプラリーをする。御霊公園か福知山城から出発する。


写真=多くの雛飾りが並ぶ市丹波生活衣館


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ