WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年3月 7日のニュース

バス路線に乗合タクシー 減便よる不便に対応

乗合タクシー 京都府福知山市は、予約があった日のみ、昼間に一日1往復する定時・定路線のタクシーを走らせるデマンド型乗合タクシーの実証実験を1日から、京都交通バス川北線で行っている。3日に初めての利用があったが、その後はそれほど多くなく、市は積極的な活用を呼びかけている。期間限定のため、利用できるのは31日まで。

 市では、持続可能な交通ネットワークを構築するため、バス路線の再編をめざしていて、昨年3月に基本方針となる形成計画を策定。現在は減便、ダイヤ変更を含む実施計画の検討を進めている。

 また減便などにより、不便になる地域への対応として、乗合タクシーの導入を考えており、その可能性を探ろうと、市内の民間バスの中で最も利用率が低い川北線で、実証実験をすることにした。

 運行するのは福知山駅−山野口間。往路は午後1時に福知山駅北口のバス停を出発し、復路は山野口を同1時35分に出る。運賃はバスと同じ料金で、平日のみ利用できる。1人でも予約があれば運行する。

 利用の1週間前から当日の1時間前までに、電話予約する必要があり、「川北デマンドタクシー利用」と告げ、乗降する停留所名を伝える。朝夕各1往復の路線バスは、通常通り運行している。

 3日に利用した女性2人は「昼間のバスの便が無く、不便だったのでありがたい。期間中は、今後も活用したい」と話していた。

 電話予約は日本交通、電話(22)4111まで。


写真=利用者2人を乗せ、駅を出発する乗合タクシー

農家民宿の開業に向けて 特産品調理し意見交換

農家民宿開業セミナー 農家民宿を活用した地域再生・振興を目的に、一般社団法人福知山観光協会(福島慶太会長)は4日、京都府福知山市一ノ宮の三岳会館で「里泊−第2回農家民宿開業セミナー・交流会」を開いた。市内外から16人が参加し、開業に向けて意見交換するとともに親睦を深めた。

 同協会は市から委託を受けて、農家民宿を活用した自然との触れ合いや地域住民との交流により、里山地域の魅力を伝える「里山交流民宿(里泊)」を推進している。今回はその一環として催した。

 すでに開業している人、開業を考えている人、興味がある人らが参加。多くは市内からだったが、遠くは大阪府から来た人もいた。三岳の特産品「ヤマノイモ」を使ったとろろご飯や、シュンギクのかき揚げなど5品をみんなで協力して作る共同調理体験をし、交流を深めた。

 参加者は、ボランティア団体「むつみ会」の5人から手ほどきを受けながら調理を楽しみ、出来上がった料理を食べて地元の魅力に触れた。

 このあと、上佐々木で農家民宿「三岳山天空の宿」を経営する足立秀美さんが、開業にあたっての体験を話した。高齢化が進む地域で自分がこの地域に住む値打ちを感じたいと、農家民宿を始めたきっかけを紹介した。

 開業に至る経緯なども説明し、宿の特色を出すことや、季節に応じた「でこ巻き寿司」の体験が出来ないかなど今後の展望も話した。

 最後に参加者が一人ずつ、感想や農家民宿に対する思いをそれぞれ発表した。

 参加した谷内雅範さん(27)=大江町尾藤=は「身近に農家民宿のようなことをしている人がいて、興味があり参加しました。参加者同士のつながりも出来てうれしい」と話していた。


写真=協力してヤマノイモをすりおろす参加者ら


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ