WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年2月 4日のニュース

『鬼は内、福は外』 大原神社で節分の豆まき

『鬼は内、福は外』 厄をはらい一年の安泰を願う催しが、節分の3日、各地の神社や寺院などで行われた。訪れた人らは鬼に向けて豆をまいたり、福を授かったりしていた。京都府福知山市三和町大原の大原神社(林秀俊宮司)では、夜に節分行事の追儺(ついな)式があった。地元有志でつくる「大原話し合いの会」と福知山公立大生が扮する鬼6匹が現れ、訪れた約300人が豆をまいた。

 林宮司が祝詞をあげて四方に桃の矢を放って厄払いをし、参拝者らが良い一年を過ごせるように祈願。このあと、宮司らが境内に向かい「鬼は内、福は外」と掛け声を上げて豆をまくと、爆竹の音とともに鬼が現れ、豆に打たれながら本殿へ逃げ込んだ。

 鬼は神様の力で改心し、福の神となって現れ、景品付きの福豆を本殿前に集まったたくさんの参拝者らへ向けて投げた。

 両手いっぱいになるほど福豆を手にした田中翔君(細見小3年)は「いっぱい豆が取れてうれしかったです」と笑顔を見せていた。

 大原神社の掛け声は、昔から一般的なものとは逆に「鬼は内、福は外」。かつてこの地を治めた綾部藩主・九鬼候への配慮だとも言われている。

 午前中には境内社で鎮火(ほしずめ)祭があり、古式にのっとり一年の無火災を祈願した。


写真=景品付き福豆を投げる福の神ら(大原神社)

宇宙旅した菜の花開花 児童科学館

宇宙なのはな 京都府福知山市猪崎、三段池公園内の市児童科学館(辻本勝館長)で、「宇宙なのはな」が次々と花を咲かせている。これは約1カ月半にわたって国際宇宙ステーションに保管された種から育てた菜の花。科学館と三段池公園総合体育館をつなぐ暖かな連絡通路内にプランターを置いており、春の雰囲気を漂わせている。

 種子は、宇宙開発に関わる科学技術の調査研究をする一般財団法人日本宇宙フォーラム=東京都=が、宇宙への関心を高めてもらう教育の一環として、全国各地の科学館など約130カ所へ昨年秋に配布した。

 フォーラムによると、国内の種苗会社が販売している種子約1万5千粒を、昨年3月下旬に米国フロリダ州から打ち上げられたシグナス補給船運用5号機に積み込み、高度約400キロの軌道を飛ぶ国際宇宙ステーション(ISS)に運んで、日本実験棟「きぼう」に保管された。ドラゴン補給船運用8号機で昨年5月中旬に地球に帰還した。

 約40粒の配布を受けた同館では、11月初旬から市植物園にも教わりながら栽培。プランターは連絡通路内に3個、体育館前に2個を置き、それぞれ6、7株が順調に育つ。連絡通路内のものは1週間ほど前から開花し始めた。体育館前のものもたくさんつぼみを付けている。

 観察を続ける職員は「宇宙の旅をしてきた菜の花なので、成長を楽しみにしながら定期的に水をやり、肥料も与えるなど世話をしています」と話す。2世が採種できれば、市植物園で続けて栽培してもらうことを考えている。


写真=児童科学館と体育館の連絡通路内で咲いている宇宙なのはな


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ