WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年2月 2日のニュース

京都府のインフル「警報」域に 福知山も注意必要

 京都府は2日、府内のインフルエンザが「警報」レベルに入ったと発表した。感染症発生動向調査で、第4週(1月23日〜29日)の調査1医療機関あたりの患者報告数が、警報の基準となっている30を超える31・71になった。

 地域別では山城北が44・59、南丹が40・78となるなど、南部が軒並み高い。北部はいずれも注意報レベルにあるものの、福知山(中丹西)は警報レベル目前の29・40となっており、十分な注意と対策がいる。

 府は外出後の手洗い励行▽体調が悪いときは人混みを避け、外出時はマスクを着用▽過労や睡眠不足を避け、十分な栄養と休養などを呼びかけている。

マイナンバー1年 いまだ通知カード453通届かず

 国のマイナンバー(個人番号)制度がスタートし、1年余りが経過した。16日から受け付けが始まる確定申告から、申告書にマイナンバーの記載が必要になるなど、全国で本格的な運用がスタートする。そんななか、京都府福知山市では、12桁の個人番号を知らせる通知カードが当人に届かず、いまだに400通以上が市役所に保管されている。

 通知カードは2015年11月中旬に、簡易書留郵便で世帯ごとに3万5867通を郵送。しかし、受取人が不在だったり、住民票と居住地が違っていたりして届かず、合計3千通以上が市に返送された。

 市では、カードを市役所で受け取れることを知らせるため、直接対象の世帯を訪問するなど、出来る限り手元に届くよう努めてきたが、1月31日現在で453通が保管されている。

 手元に届いていない人は、免許証など本人確認できるものを持参し、市役所1階の市民課に提示すれば、その場で世帯分を受け取ることができる。

 市民課は「当面は保管しますが、マイナンバーが必要になる機会は、これから多くなると予想されるので、早めに受け取りを」と呼びかけている。

■個人番号カードも受け取り呼びかけ■

 e−Taxの電子申請のほか、身分証明書にも使える「マイナンバーカード」も、申請したにもかかわらず、受け取っていない人が市内で1100人ほどいて、市民課に保管されている。同課では早期の受け取りを呼びかけている。

 通知カード、マイナンバーカードの問い合わせは市民課、電話(24)7014へ。


写真=市民課にはマイナンバー専用の窓口を設けている


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ