0112kinno.jpg 福知山市夜久野町の金尾自治会(湯口修自治会長)は、地元の共同作業場近くにある樹齢約70年のサクラの古木に、わらで編んだ大小の草履などをつなげた「つくりもの」を下げている。8日に催した伝統行事の「コト(事)」で手作りしたもので、自治会全15世帯の今年の厄除けの願いを込めている。
 



戻る