WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年1月 5日のニュース

手芸で生きいき 障害持つ男女16人

手芸部の作品 京都府福知山市下荒河、NPO法人つむぎあい福知山の日中一時支援事業を利用する障害者たちが、手芸部を結成して編み物や刺し子作品をつくっている。「障害者がつくったからではなく、クオリティーで勝負したい」と声をそろえる。

 ことの始まりは、法人に届いた大量の毛糸や余り布を見て、編み物が得意な利用者の須知さん(83)が手芸品を作り出したこと。すると、他の利用者が「私もやってみたい」と集まりだした。それならば日中活動の中核にと、昨年1月に手芸部を立ち上げた。

 部員は30代から80代までの男女16人。これまでにつくったものは、ひざかけ、くつ下カバー、鍋つかみ、ぬいぐるみ、布や折り紙の小物などで約180点に上る。

 11月に市厚生会館で開かれた福知山全体の福祉の催し「ふれあい福祉フェスタ」に初参加して、手芸部の作品を展示・販売した。展示スペースを多めにし、販売は少しだけ。「たくさん並べて売れ残ったら悲しいから」という、NPO理事長の美市川鏡美さんの不安は吹き飛んだ。販売品はすぐに完売。展示品も売ってほしいという予想以上の引き合いがあり「自信になった」。

 手芸部の活動が始まってから、利用者の表情が生きいきしている。通所してきても椅子に座っているだけだった人が積極的に動き出した。

 今いい波が来ているが、現状に甘んじず、もっと収益を上げて息の長い活動にしたいという。日中一時支援の性質上、大量生産は難しく、クオリティーで勝負をかけたいと考える。みんなでアイデアを出し合い、少しずつでも「いいものを」と、一歩一歩前に進む。

 毛糸のコタツカバーなどをつくった利用者の吉田さん(35)は「(手芸が)うまくなったかな。次はぬいぐるみやかばんをやってみたい」と意気込む。

 最年長の須知さんは「家だと独りぼっちだった」と振り返る。男性用の大型シャツをリメイクしてエプロン、腕カバー、かばんのセットを完成させると、部員たちが我がことのように喜んでくれた。「若い人ともいろいろ話ができて、私も若返ります」とほほ笑んだ。


写真=つむぎあい福知山手芸部の作品

平年より早い春の使者 「小寒」の畑にフキノトウ

フキノトウ 5日は寒さが厳しさを増す時期とされる二十四節気の「小寒」。季節は冬の真っただ中だが、京都府福知山市野家の農業、田中敏治さん(69)が猪崎に借りている畑では、早くも「春の使者」のフキノトウが顔をのぞかせている。

 田中さんは以前、筈巻に借りた畑でフキ栽培をしていたが、04年の台風23号で水没したため、現在地に移植して露地栽培を続けている。近年は暖冬のせいか、2月初旬にはフキノトウの姿がみられることが多いという。

 今年は3日に畑へ行ったところ、200個ほどのフキノトウの姿が確認できた。田中さんは「平年に比べて1カ月ほど早く、もうつぼみが開いたものも多い。収穫してほろ苦さを味わいたい」と話していた。

 今冬もこれまでは暖かい日が多く、市街地ではまだ雪化粧をした程度。気象庁によると、福知山のけさの最低気温は5・5度(午前1時40分)と、平年より5・6度高く4月上旬並みとなった。


写真=あちこちで顔をのぞかせているフキノトウ(5日午前9時50分、福知山市猪崎で)

兄弟Jリーガーが福知山へ里帰り 子どもたちにエール

大槻周平選手と大槻優平選手 兄弟ともにJリーグで活躍する京都府福知山市今安出身のプロサッカー選手大槻周平選手(27)=湘南ベルマーレ・FW=と、大槻優平選手(28)=ツエーゲン金沢・MF=が帰郷、出身チームの修斉サッカースポーツ少年団の初蹴りに訪れた。「こうしてプロになれたのも、幼いころからの練習があったから。みんなも楽しくサッカーをして頑張ってください」と子どもたちにメッセージを贈って、激励していた。

 昨シーズン、J2リーグの金沢の年間順位は、22チーム中21位でJ3への降格の戦いとなったが、残留を決めることができた。優平選手は一昨年のシーズンよりも出場機会に恵まれず、42節中16試合の出場にとどまった。

 「チーム、個人ともに厳しいシーズンだったが、最後はJ2残留を決めることができました。また、入れ替え戦を経験し選手として成長できた」と振り返り、「個人としては試合に出て得点に絡むプレーをしたい」と目標を掲げた。

 J1で戦った湘南は18チーム中17位でJ2降格が決まった。周平選手は、34節中27試合に出場し2得点を記録した。

 「昨年は試合にたくさん出たにもかかわらず、降格してしまい、悔しい思いと責任を感じています。自分の実力のなさを真摯に受け止め、この悔しさや自分ができなかったことを必ず今年に生かしたい。点をたくさん取って結果にこだわりたい」と話した。

 修斉スポーツ少年団の初蹴りは、2日に土の福知山フットボールフィールドで行われ、約60人の児童や卒団生らが参加。学年対抗の試合をした。


写真=エールを贈る大槻周平選手(左)と優平選手


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ