WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年1月 3日のニュース

「人鷹一体」の伝統を後世に 鷹匠・衣川正幸さん

オオタカ 京都府福知山市夜久野町末の鷹匠(たかじょう)、衣川正幸さん(63)。鷹匠は、鷹狩りのためにタカやハヤブサを飼い慣らす人をいうが、今は本来の目的からは離れ、イベントで放鷹(ほうよう)術を実演したり、害鳥を追い払う作業をしたりするのが中心だ。衣川さんは、近隣に教わる人がいないため、我流で修業を積み、飼育や調教を地道に続けてきた。この道15年。卓越した技を習得して「人鷹(じんよう)一体」の伝統を後世に受け継ぐ。

 鷹匠は、かつて公家や武家に仕えて狩りに随行した。日本では1千年以上の歴史があり、今も宮内庁に役職が残る。技を後世に伝える団体もあるが、銃器が発達し、狩りを目的にはせず、自在に操ることに醍醐味を感じるのが主流になっている。

■自在に操る映画で憧れ■

 自然が豊かな夜久野で生まれ育った。もともと鳥好きで、子どものころ、旧中夜久野小学校で「老人と鷹」と題したテレビ映画を見て、衝撃を受けた。鷹匠の老人と仕える狩猟用のクマタカとの葛藤や友情を描いた作品。鷹を自在に操る老人の姿に憧れた。

 長年、織機の製造関係の自営業をしていたが、今は専業農家。鷹匠になるのは夢のまた夢だったが、生活に余力が生まれた48歳のころ、一念発起した。

■苦労の連続、鷹との根比べ■

 だが、大きな壁が立ちはだかった。飼育や調教を学ぶ人がいない。昔は京都市に猛禽類を扱う店があったが、それも看板を下ろしていた。

 「五里霧中で、一時はあきらめかけた」

 それでも、夢で終わらせたくはないと、夢中でインターネットで調べ、東京都の店でオオタカ2羽が販売されているのを探し出した。すぐさま向かい1羽を購入。しかし、気性が荒く、思い通りに育たず、半年後に死なせてしまった。「中途半端な気持ちで育てたのではないが、我流で無理があった。家族の一員のような存在だっただけに、涙が止まらなかった」
0101kinugawa.jpg
 その後も苦労の連続だった。自分の思うように扱うことができず、専門書などを参考に、手法を少しずつ身につけた。

 最初は家の中で一緒に生活し、腕に止まらせての散歩を毎日続けた。車や他の人に会っても驚かないよう、警戒心を弱めるためだ。そして、獲物のカルガモなどの生息地で、実際に捕らえさせ、餌とすりかえることを繰り返す。「気難しい子が多く、手を焼きました。根比べの勝負をしているようでした」

■鳥ごとに異なる性格や能力■

 自宅横に鳥小屋がある。今はタカ科のオオタカ、ハリスホーク、ハヤブサ、ハヤブサ科のチョウゲンボウ(いずれも輸入したもの)を飼っている。
0101harisu.jpg
 人と同じでそれぞれ性格や能力が違う。オオタカは神経質で調教は難しいが、動きが俊敏。ハリスホークは人に従順で、野をすべるように低空で飛行する。ハヤブサは人家が多い場所では使いにくいが、上空から200キロを超すスピードで急降下し、獲物の鳥を脚でけり落とす。

 多くの人たちの前で実演する放鷹術は、タカやハリスホークを自らの手から離し、笛を合図に戻らせる。空中に放った疑似餌を捕えさせる「振り鳩」や樹木から呼び戻す「渡り」、鷹匠から別の人に飛び移らせる「振り替え」などの技もある。

 狩りは京都府、大阪府、兵庫県の人たちに技を伝授しており、主に滋賀県の琵琶湖方面に出かけ、山里を歩く。キジやカルガモなどの捕獲率は1割に満たない。鷹狩りを楽しむのは「獲物の数を競うのではなく、鳥を操れたという達成感を味わいたいから」という。

■信頼がないと飛ばない鳥たち■

 人と鳥との適度な距離感を保つ必要性がある。「かわいがり過ぎると、人と同じで過保護になり、思うように飛んでくれない。それでも信頼関係を築かないといけない。個体ごとに性格を見極めることが大切です」
0101hayabusa.jpg
 飛ばすまで2週間程度は飢餓状態にして、体重を2割程度落とす。「断食をさせるのは、かわいそうですが、追い詰めなければなりません。空腹にしないと餌を欲しがらず、狩り場や催しで本領を発揮できません」

 鳥小屋に入り、一日3、4回掃除し、ふんや尿の色で体調を判断。愛鳥の体重や体調を毎日記録する。

■文化として伝え自然保護も■

 「とても奥が深い鷹匠の世界。だれの指示でも聞くように調教しており、放鷹術を披露する催しでは、来場者に鷹などを操る体験をしてもらいます。鷹匠を伝統文化として後世に引き継ぎ、人と鳥が共生できる自然環境を守る大切さを伝えていくのも私の役目だと思っています」と使命感を抱く。鳥の能力を引き出すための努力の日々が続く。


写真上=神経質だが、動きが機敏なオオタカ
写真中上=ハヤブサ科のチョウゲンボウを手にする衣川さん
写真中下=大空で旋回し、衣川さんの手に戻るハリスホーク
写真下=翼を広げるハヤブサ

2017市政展望 大橋・福知山市長に聞く(上)

記者の質問に答える大橋市長 昨年6月の選挙で初当選した大橋一夫・福知山市長。多忙な日々を送るなか、行財政や市職員の意識改革、観光と産業振興など、山積する課題に対応するため、これまで6カ月間にわたり、市政のかじ取りをしてきた。新年度の予算編成も控えており、市長公約で取り組む「全事業の棚卸し」の成果が、どのくらい反映されるかも注目される。そんな大橋市長に「今後の市政の展望」を主なテーマとし、新春にあたりさまざまな質問に答えてもらった。  

 −京都府議会議員時代との違い、市長職の難しさや醍醐味は何ですか。

 府会議員の時代は、活動日程や内容について、自分自身で考え行動してきましたが、市長になったあとは、そのようにはできない状況にあります。

 一方で、議会や市民の理解を得ながらですが、執行権者として、自分の考えを施策展開に落とし込み、事業展開を進められることは、大きな責任とともに、やりがいを感じています。

 −休日はありますか。あれば何をして過ごしましたか。

 休日は、ほとんどない状況です。あれば、睡眠不足ですので眠るか、少しゆっくりと市政の課題を考える時間をとるか、市政の推進に参考になる知識や経験をお持ちの市外の人と会い、話をしたいと思っています。

■産業振興■

 −観光振興で、「肉のまち福知山」の具体的なアプローチの方法は。

 家畜市場と食肉センターの両方が存在している京都府唯一の地域性を生かし、「福知山は焼き肉店が多い」というまちのイメージも含め、新たな観光のコンテンツとして打ち出すものです。また獣害に深刻な土地柄ではあるものの、見方によっては流行しているジビエの資源に恵まれているとも言えます。

 京都府ブランド畜産物の京地どりなどもあり、これらの活用方法をあらゆる角度から検討しつつ、新たに設置する「観光地域づくりセンター(仮称)」で、具体的なプロデュース方策を検討したいと思っています。

 −観光地域づくりセンター(仮称)の体制は。

 「観光は地域づくりである」という観点から、地域に埋もれた資源の掘り起こしや再発見に取り組みます。そのうえで、福知山ならではの観光プランへと結びつけることで、地域への誇りと愛着を育むとともに、交流人口の増加による地域活性化を図る、そのプラットホームになることを期待するものです。

 これまで不足していた戦略的かつ総合的な観光施策を進めるため、新しい視点や斬新な切り口を提言いただける専門家をはじめ、地元民間事業者を含む幅広い人たちの参画により、実現していきたいと思っています。

 −川の駅の構想は。

 川の駅については、大江町のあしぎぬ大雲の里一帯を考えています。駐車場や大雲記念館を活用し、定期的な朝市の開催など、地域住民の協力を得ながら、特産品などの販売を行い、周遊性・滞在性を高めた着地・体験・交流型の観光拠点として、取り組みを進めたいですね。

 −このほかで検討する観光振興策は。

 インバウンド対策や着地型観光に力を入れるほか、三段池公園など充実したスポーツ施設は本市の特徴であり、2021関西ワールドマスターズゲームズで、ソフトテニス競技の開催が決定したところでありますが、さらに国際大会や全国規模の大会の誘致を行い、スポーツ観光を強力に推し進めたいと考えています。

 −産業支援センターの役割や進め方とは、どのようなものですか。

 中小企業に活力を持って事業を営んでいただくためには、これまでの「支援イコール補助金」という考え方を根本的に改め、事業開拓や商品開発、販路開拓などを含めた総合的かつ一貫的な支援を行うことが、何より重要です。

 現在の企業間連携や産学連携の取り組みは継続しながら、福知山の中小企業の活力創出や底上げを図っていきたいと思っています。

 −農業の活性化策は。

 万願寺甘とう、紫ずきんなど収益性の高い京のブランド野菜は、さらに作付け支援を行い、それ以外の少量多品目の農産物については、地産地消や地産外商を推進するため、市内外での直売所や飲食店などへの流通・販売システムの構築による売れる仕組みづくりで、農家所得の向上を目指します。

 また農業生産から加工・販売までを一貫して行う6次産業化も実施していく必要があり、産業支援センターも活用しながら、福知山ならではの事業モデルを構築していきたいと考えています。


写真=ざっくばらんに記者の質問に答える大橋市長

2017市政展望 大橋・福知山市長に聞く(下)

 福知山市の大橋一夫市長への両丹日日新聞記者の新春インタビュー。前半の観光振興に続き、後半は市民の大きな関心を集める水害への備え、更には市長公約の柱「全事業棚卸し」、昨春開学した福知山公立大学について聞いた。

■水害への備え 全事業の棚卸し■

 −水害への備えなど、市独自で取り組むことは何ですか。

 16年8月に、国交省が「最大規模降雨による新たな浸水想定」を公表しました。この区域図では、前回(01年)のものと比較し、由良川や土師川では浸水深が最大4メートルも増加するため、避難所の配置や避難方法など、避難体制を見直す必要が出てきました。これらを含め、「新たな洪水ハザードマップ」の作成に取り組んでいます。

 また災害時に最も重要かつ基本となる「自助・共助」の強化として、自主防災力の強化を図る必要があります。自主防災組織の結成率のみでなく、実際に動ける「組織」「仕組み」として、充実を図っていかなくてはなりません。市民一人ひとりが安心・安全に暮らしていけるよう、知恵を生かしたソフト対策に、力を注いでいきたいですね。

 −全事業の棚卸しについて、これまでの評価と今後の目標についてはどうですか。

 今年度は101事業の棚卸しを行いましたが、全般的に前例踏襲で行われている事業や達成すべき成果が曖昧であったり、効果の検証が十分に行われていない事業が多く見受けられました。一方で、問題がしっかりと捉えられ、改善が具体的に見通せる事業もあり、17年度予算に的確に反映させていきたいです。

 棚卸しは、単純に事業を廃止することを目的としているのではなく、事業の改善や見直しを通じて、市政の経営力と機能の向上を図ることが目的です。今年度の検証を通じて、職員の意識そのものも、変えていきたいと思っています。

 −棚卸しの実施を見越して、市職員がこれまでの事業を進めることをためらっているように、市民には映っています。市長の見解は。

 事業をためらっているのでなく、棚卸しを通じて、事業の目的や目標達成をあまり意識してこなかったところから、ゴールをしっかりと見据えて臨んでいかねばならないと、職員も意識を変えつつあるとの手応えを感じています。

 これまでのやり方を根本から見つめ直しているところが、「ためらっている」ように映っているのではと思うところもあります。ただ職員も、来年度の予算編成に向け、必死になって頑張っており、来年度の事業で成果が出てくるのを期待しています。

 −市職員との対話は進んでいますか。

 さまざまな場面で、幹部職員とは話をしていく中で、少しずつ私の考えや方針について、理解を頂きかけているのではないかと思います。そして、どうしても伝えたいことは、部課長会議も開催して、話をしてきました。

 しかし市職員全体となると、まだまだ十分に理解を頂けているという状況ではないと思っており、人材育成の観点からも、若手の職員とコミュニケーションをとる機会も設け、対話を進めている最中です。

■公立大学の活用■

 −福知山公立大学の活用への考えは。

 開学元年となった昨年は、全国から経験豊富な教員、難関を突破した修学意欲の高い新入学生を迎えました。限られた期間ながらも、福知山や北近畿を舞台に、学生と教員によるフィールドワーク、京都府北部7市町を舞台にした連続講演会など、さまざまな活動に取り組んでいただきました。

 とりわけ、大学の姿が市民にもっと見えるようになることが重要です。まちかどで教員や学生が活動し、地域のために奮闘する姿を市民に見ていただき、彼ら、彼女らを応援していただけるよう、「まちかどキャンパス」の展開も、積極的に進めていただきたいと思います。知識と人材のネットワーク、若者の活力などの大学資源をフル活用して、地域課題の解決にも取り組み、地域に見える、地域に役立つ大学づくりが進むよう、関係者と協力していきたいですね。

 −施設の拡充や今後の展望はどうですか。

 肝心の「10年、20年先にどんな大学となるべきか」というビジョンは、まだはっきりと示しきれていないのではないでしょうか。近い将来の定員200人の実現、魅力的な学部体制の構築など、大学に課せられている使命は大きいと考えています。

 そのため、市と公立大学法人だけでなく、さまざまな関係者を巻き込んで、大学のあり方をしっかり議論していかなければなりません。かけ声だけではない北近畿57万人の地(知)の拠点大学づくりは、これから始まると言っても過言ではありません。まずは予断を排し、あるべき大学像を固めるべき段階だと思っています。


写真=各行事への参加など多忙な日々を送る


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ