WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2017年1月 1日のニュース

色あざやかに 未来へ羽ばたく鳥

野菜で作られた大鳥 しなやかな長い尾を垂れて羽を広げる大鳥。色あざやかに咲き誇る花々。全て野菜で出来ている。高さ56センチ、幅60センチ。中国伝統の「飾り切り」の技術を駆使する新年を祝う一品が完成した。制作したのは、京都府福知山市駅南町の中華サンの料理長のリャン・コウシ(好志)さん(51)=岩井新町=。中国ハルピン市出身で、中華一級調理師でもある。


■一級調理師リョウさん 中国伝統の飾り切り■

 飾り切りは、店の料理のコースに付けるほか、祝いごとの席と聞いたときにも腕を振るう。「喜んでもらえるから、つくりがいがあります」とリャンさんは笑う。
0101seisaku.jpg
 新年の作品は、店の経営者で妻の平野由里さん(46)にもアイデアを出してもらい、吉祥の松竹梅を取り入れ、30年来愛用する飾り包丁で、丁寧に彫り上げた。
0101kansei.jpg
 デッサンはなし。頭の中で完成予想図を描きながら、使う野菜を選別するのは長年の経験がなせる技。30本もの飾り包丁を巧みに操り、何の変哲もない野菜が芸術へと昇華する。

 「色あざやかな未来への飛翔」。作品に込められた願いが広がる。今年一年が良い年でありますように−。


写真上=全て野菜で作られた大鳥
写真中=中華一級調理師のリャン・コウシさん
写真下=飾り包丁で彫り上げていく


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ