WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

両丹日日新聞2018年8月19日のニュース

ハンナリーズの選手がバスケ指導 福知山協会教室

内海慎吾選手 京都府福知山市猪崎、三段池公園総合体育館でこのほど、プロバスケットボールBリーグに加盟する京都ハンナリーズの選手によるバスケットボールクリニックがあり、市内の小中学生103人がドリブルなどの基本技術を磨いた。

 市は広く市民にスポーツの楽しさを知ってもらうため、さまざまな競技の教室を開講。7月からは毎月1回、市内の小学生を対象にバスケットボール教室(福知山バスケットボール協会主管)を開いており、その一環として、8月はハンナリーズの協力のもと、クリニックを実施した。

 指導役を務めたのは内海慎吾選手(34)、片岡大晴選手(32)、綿貫瞬選手(30)。小学生の部には4〜6年生76人が参加し、シュート、パス、ドリブルの練習をした。

 シュート練習は内海選手が担当。ボールをゴールのリングの上に置くように放つ「レイアップシュート」の仕方を教えた。

 児童たちは内海選手から「ドリブルの時は歩幅を大きくして、ボールを前についてシュートするように」などとアドバイスを受けながら、繰り返しシュートをした。

 ミニバスケットボールクラブ福知山レイカーズ女子のキャプテン、山下彩さん(大正小6年)は「分かりやすく教えてもらい良かったです。きょう習ったことをクラブや家で練習し、うまくなるように頑張りたい」と話していた。

 中学の部には27人が参加した。


写真=内海選手からレイアップシュートに入る前のドリブルを教わる児童たち

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ